にこ乳がん記録帖

爪の状態 ラストケモから2年

2年前の1月14日にラストケモを行いました。

それから2年。
爪の状況ですが。

もともとものすごく頑強な爪を持っていました。
爪が割れるなんてほとんど経験がなく。
爪きりがガンガン切っても平気。

ネイルに行っても、いつも
「強い爪ですねえ」
と感心されていましたが。

ケモで、それなりに爪をやられました。
黒ずみ程度でひどくはないとの話でした。

今は。
手の爪。
かなり薄くなってしまっています。
結構爪割れするし。
爪の保護のためにネイルが必要かなと思うほど。

足の爪も、爪割れはしませんが、薄くなってしまったのがわかります。

もちろん日常生活ではなんの支障もありません。
でも、やっぱりやわい爪になってしまって。
かなり不満です。

あと何年かすればもとに戻るのか。
ずっとこのまま薄い爪なのか。
わかりませんけど。
もどって欲しいなあ。


寝具

めずらしく連日投稿。

冷え性の私。
ただ、自分では冷え性と気づいていませんでした。
足が火照るので、布団から足だして寝てて。
体温もかなり低くて。
お腹も冷たい。

これだけで、十分冷え性なのですが。

冷え性というのは、手足が冷たくなるものと思い込んでいて。
私は火照るくらいだから冷え性じゃない!
と、また自分にいいように解釈して。
ほとんど対策をとっていませんでした。
ときどき腹巻巻いたりしてましたけど。
すぐ面倒になってやめて。

そのまま。

リンパマッサージに通うようになって。
しばらくすると、足が冷えるようになりました。
で、反対に足のほてりがなくなりました。

話によると、足のほてりというのは、冷え性が進んだ状態だとか。
それが本当だとすると。
ほてりから冷えになったのは、前進?

また自分に都合のよいように考え。

でも、冷えてるので、足はあたためるようにしています。

それともうひとつ。
寝具のグレードをアップしました。

抗がん剤を打ち始めた10月に、ひどい風邪をひきました。
免疫がおちていることと、季節の変わり目ということが原因と思いますが。
とにかく布団が寒い。
病気になって、一人で寝るようにと北側の部屋に移ったことも原因なのですが。
とにかく。寒い。

で、風邪をひいてふらふらになりながら。
羽毛布団買いに行きました。
即日欲しかったし。
欲しいものが欲しかったので。他人にはまかせられん!と。

そこでゲットした羽毛布団。
暖かくて。寝るのが楽しくなりました。

ただ、10月は良かったのですが、1月くらいになるとまた寒い。

上から毛布をかけるのですが。
毛布落ちるし。。。。

で、また寝具売り場に。
売り子さんに相談すると、さすがプロ。
あったかカバーというものをすすめてくださいました。

あったかカバーにもいろいろあって、ちょっと高いけど、綿100パーセントのものは本当に気持ちがいいですよー。
と、アドバイス。毛布1枚分に匹敵するとか。
即購入。

本当にあたたかい。。。。。

と、思い、2年をすごしたのですが。

まだ冷えてるような気がスルのです。
昔にくらべれば、雲泥の差であたたまっているのですが。
でも、心底あたたまってない。。。。

で、家族の布団を見てみると。
夫も息子も20年以上の羽毛布団で寝てる。
夫は暑がりなので寒くないとのことですが。
息子は、なんか寒い。。。。と訴えてきた。

オ!寒いの?
と。

じゃあ、今使ってるお母さんのあげるね!
と、優しいふりをして。。。
新しいの買いに行ってきました。

羽毛布団
ランクがいろいろあります。
お買い得とかありますけど。
たいてい、値段に比例して暖かさがアップします。
ネットで購入したほうがやすいかと思ったのですが。
あやしげなものがいろいろあって、やっぱり店頭に行ったほうがいいと思い。

お店へ。

前回よりひとつランクをあげたものを買ってきました。
(もっとあげたいけど、予算的に無理だから)
ランクはひとつあげてますが。
2年の間に工法も進歩しているらしく。
同じランクの羽毛布団のなかでもこの工法の方が暖かいです。
といわれ、その気になり。
気持ちは2ランクアップ。

いそいそと持ち帰り、
寝てます。
暖かい。というか暑いかも。。。。

部屋のドアをあけて、風が通るようにし(つまり部屋の温度をさげて)
寝ると、ちょうどよい。。

朝起きたら、体がぽかぽか。
初めての経験です。

これで、冷え性すこしは改善できるかな?

毛髪復活しないひとは意外と多い?

先日乳がんを経験した友人がひさしぶりにメールをくれました。
私よりも2年くらい前に発症し、全摘、抗がん剤を経験しています。
私が発症したときは、いろいろ相談にのってくれ、的確なアドバイスをもらいました。
感謝している友人です。

私より2年くらい前に発症しているので、私が発症したときはもう脱ウィグしていました。
とはいっても、ちょっと薄いかなあ?って感じで。
なかなか元にもどらないのね。と思っていたのですが。

今もまだ薄いそうです。(つまり、もう4年くらい?)
こんなに時間がかかるとは思ってもいなかったとメールで叫んでいました。
そんな情報ないし。

私も頭頂部がまだ薄いです。
だから、部分ウィグをしてますが。
ウィグをするとちょっと若く見えたりして。
ご機嫌。
とお気楽に考えていたのですが。

その友人は真剣な様子です。(決して神経質な友人ではありません)
また、私が頭頂部が薄いのは、ホルモン剤のせいと思っていたのですが。
友人によるとタキサンの影響らしいということなのです。

調べてみると(真実かはわかりませんが)
抗がん剤によって、髪の毛のもどりかたが違うらしい。
タキサン系だとちゃんともどる(この表現がくせものですが)確率が半分!!!!

もとにもどるって言ったって。
どうやって判断しているかわからないし。

多分お医者さんからみると
私も友人ももとにもどった一人に数えられているのかもしれない。
もしそうなら。
実際はもっと深刻な数字になりそう。。。。。

お医者さんがたは、毛髪の復活なんて命に関わらないし、なにより十分忙しいし、
関わっていられないと思っておられるのでしょうが。。。。

やっぱり現実の数字は出すべきではないかと。

そうじゃないと、その後の対応方法を考えるひとが出てこない。。。

なにより、抗がん剤による脱毛は半分以上がもとに戻らない!
なんて、情報がでてしまったら。。。

抗がん剤嫌だというひとが増えてしまうと思うのです。
(それはそれでいいのかもしれないけど。。。。抗がん剤の効き目ってまだ不確かだから)

命の問題じゃないけど。
かなり重要な問題だと思うのです。

1年9ヶ月検診

3ヶ月ぶりの検診。
と言っても、薬をもらうだけなので。
ドキドキ感はありませんが。

1時間以上かかる病院はかなりおっくうで。
しかも、周りになにも楽しいところがなく。
あー。銀座とか築地とか楽しいところの近くにある病院がよかったなあー。
と、不届きな考えすら浮かばせながら。

告知されるときは、もう、なにもかんがえず。
ひたすら、通っていたのに。
2年以上たつとひどいものです。

病院に到着して受付をしたとたんに、呼び出しのベルが鳴りました。
あわてて、診察室へ。
一度も座ることなく、先生の前で座る。

今日は、重鎮の先生でした。
当番制なのですね。
でも、聞かれたことは
「お薬あまってませんか?」
でした。
体調は聞かれず、薬が余ってることを伝えると
いかにして薬を余らせないか、の説明を受け。
それだけで終わりました。。。。

病院到着から、診察終了まで5分かからなかった。。。。。

支払いが一番まって10分くらい。
薬も院外になりましたので。

15分くらいで終わった。

日本で一番乳がん患者の多い病院です。
こういうところでお医者さん使わないで。
薬もらうところだけは近隣の病院へってことはできないのでしょうか?
きっとみんな考えてるんでしょうけど。

でも、一応。
「せっかく1時間以上かけてきたのに、診察終わるまでに5分!なんかあっけないですよねー」

と、先生に言っときました。

いつか患者の意見として、役にたちますように。

リンパ郭清その後(術後2年)

質問があったので、ちょっと今の腕の状況を書いてみます。

手術は約2年前にやり、右胸全摘とリンパ郭清を行いました。
2週間の入院で退院後1日で運転していましたが、同然右手は思うように動かず。
でも、子供の送迎があるので続けてました。

体操もならって、毎日やってましたが、生来のなまけもの体質で、
やわくやっていたんだと思います。
病院にいくと、看護婦さんにしかられ、先生にもしかられ。

でも動かすの痛いし、嫌だなあと思ってました。
だからさぼりがち。

そのせいか、どうかわかりませんが、腕の違和感がとれなくて、
術後5ヶ月ほどして、リンパマッサージをやっているお店(医療機関ではありません)をみつけて通い出しました。
マッサージをしてくださる方の話では、
浮腫になりかけてます
ということでした。
月2回ほど今も続けています。(今は月に1.5回になってるけど)

マッサージのお店で、弾性ストッキングをすすめられ。やってみました。
家にいるときだけつけてください。
かなり違うと思いますとのことでした。
はじめのころはつけていたのですが、そのうち面倒になり。(圧迫がいやで)
つけなくなりました。今はそれがどこにあるのかもわからない状態。。。。

で、腕ですが、
かなりサボっていた体操も、
病院でおどされ、マッサージの方からもおどされてもなかなか進みませんでした。
痛いし。
そしたら、あるときに、ふと
あ!動かせる!と思ったときがあるんです。
そう、スイッチが入ったときが。

今までは痛い痛いだったのが、痛気持ちいい感覚に変わってました。

それでも体操は面倒で(どんだけめんどくさがりやなんだか)
日常生活のなかで動かすようにしました。
たとえば、ソファーにねっころがってテレビをみるときは
腕をあげて後ろで組むようにしてねっころがるとか。
(始めは無理でしたがだんだんあがるようになりました)
うつぶせで寝るときも腕あげてねるとか。

のびをする回数も増えたかな?

そうしているうちに、全く問題なくあがるようになってました。
自然に。

この前プールに行って、クロール泳いだんですけど。
普通に腕がかけました。
違和感はありますけど。ちゃんとまわせたし。

浮腫についてですが。
ときどき違和感があって。
私の場合はマッサージに通っているのでそういうときは事前に申告するのですが
全く浮腫にはなってないようです。
乳酸もたまってないわよーと言われ。

むしろ右手をかばって左手の方が乳酸たまってるーと言われます。

私の場合は違和感と浮腫はあまり関係ないみたいで。

まあ、チェックしてくれる人がいるから言える話ですけど。

重いものも持ってるし、包丁も問題ありません。
ただ、握力は下がっているみたいです。
実際に測ったわけではないのですが。

昔は夫が開けられなかった瓶のふたも開けていたのに
今は夫に開けてもらう始末。。。
とは言ってもペットボトルのふたは開けられるし。

この前お料理教室行って、鯛の頭を割ろうとして、なかなかわれなかったのに
80過ぎの先生がなんてことなく割っていたのをみて。
技術もあるけど、腕の力もさがってるんだなあと思いました。

ただ、日常生活には支障ありません。

病院が浮腫にならないと相手してくれないもんで。
病院以外で相談できる機関がないのは、大変だろうなと思います。
もっと医療用のリンパマッサージが広まるといいんですけどね。
安く。