にこ乳がん記録帖

なぜ。健康診断を受けていてもリンパ転移していたのか?

7月29日、主治医の先生に初めてお目にかかって今までの結果とこれからの治療方針を伺いました。
主治医の先生は予想よりも若くて、明るい感じの良い先生でした。
質問にもはきはきと答えてくださって、これから長くおつきあいできると確信できる先生でした。

病状については、以前から伝わっていたように
右は硬癌 
乳頭に近いところにある3㎝から4㎝
リンパ転移あり(乳頭に近いところにある癌は転移しやすい)
術前化学療法が必要

左は問題なし。

というものでした。

せっかく主治医の先生にお目にかかったのだから、ずっと伺ってみたかったことを2つほど質問しました。

1)検診センターでは1.5㎝と言われた腫瘍がここの病院にきたら3㎝とか4㎝と言われている。これはなぜか?
 待っている間に増殖して大きくなったのか?

  これは、計測の仕方の違いだそうです。
  私の癌はしこりの下にぼーっと広がっているタイプの癌なので、どこまで計測するのか判断に困るものであるとのこと。
  検診センターは上の腫瘍の部分だけを計測して1.5㎝と報告したのだろうということ。
  待っている間に成長するほどのすごく早い増殖能はないので安心してとのことでした。

2)昨年のマンモでは異常なしだったのに1年でなぜこんなに進行してしまったのか。
  
  これは一番伺いたい内容でした。
  先生が、昨年のデーター(検診センターから渡されたもの)を見てくださいました。
  自分が見ても、癌は見当たらないとのことでした。
  今年のマンモーを見てもかなりぼーっとしているので見落としやすい(でもしっかり癌なのです!)タイプであったと思う。
  じゃあ、半年前に検診を受けていたら、わかったかもしれないけれど、何ともいえない。(そりゃそうですね)
  
3)1年前にエコーを受けていたらわかったか?

   それもわからないと先生はおっしゃっていました。
   1年前はかなり小さいと思うので無理じゃなかったのかと思う。
   半年前なら、見えたのではないかと思うんですけどね。と困ったようにおっしゃいました。


1年前と言っても、今年は例年よりも早く予約がとれて、11ヶ月目の検診だったんです。
それでもこれだけ進行していた。
運命というか、なんというか。

しこりをみつけて、病院に行く方も多いと聞きますが、私は未だにしこりを自分で感知できません。
医師にも、
「乳頭の下で、下にぼーっと広がっているタイプなのでこれはなかなかみつかりませんね。」
と言われました。

乳頭の形がちょっと横を向いたなあと思った時。(それがいつ頃からだったか覚えていないのです)
それが、身体がだしてくれたサインだったのでしょう。

でもしこりはないし。
毎年検診は受けているし。
健康に自信のあった私は、なかなか病院に行くことはしませんでした。
身体が出したサイン。

受け止めてあげればねえ。
またまた治療は楽になっただろうに。


スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する