にこ乳がん記録帖

モチベーションをあげる医療がほしいなあ。

ドセタキセル4回目(ケモ8回目)ー6日目

昨日は、どたーっと副作用(倦怠感?)がでて、夕方早々に休みました。
なんか、痛みもあるみたいと思って、ロキソニンとセルベックス(胃薬ね)を1錠ずつ飲んで。

そしたら、爆睡。
3回目の終わりごろから、この爆睡が始まってます。
これは良いことなので、ありがたいのですけど。

体調の問題というよりも、気分的に解放された問題じゃないかと自分では思ってます。
私、子どもを産むころから、睡眠がきちんととれなくなって。
導入剤にもお世話になること頻繁だったのですけど。

そんなことを忘れてしまうほど、爆睡の日々。
もちろん、ドセの飲み始めのころは、ステロイドを飲むので、ここではあまり眠れないのですけど。
ステロイドが切れたころから、爆睡。

で、昨日の夕方も調子わるーと思いながら、寝たら
爆睡で。
ご機嫌で6時頃起き上がりました。
ちょうど、息子と夫が外出先から帰って来て。
出来合のものも買って来てくれたこともあり。
簡単な夕食ですけど、
作るのは問題ありませんでした。

抗がん剤8回やりましたが、
今回ももしかしたら楽かも。
と、ほくそ笑んでますけど。
まだまだ、油断はだめですね。

今回は、心のケアについて。

私は結婚してからなかなか子どもに恵まれなくて、
不妊治療をしたことがあります。
現代の医学ですから、いろいろ理論的なものを説明されて、
こうやって受精させて、赤ちゃんを産むんだと説明されたんですけど。

結構つらいもんだんですよね。

身体がつらいっていうよりも、心が。

お医者さんは、そんなこと相手にしている余裕はないので、
いけいけどんどんで進んでいきますけどね。

患者側は青息吐息なんですよね。
妊娠できたら、なんかおしまいって思ったほど。

そこからの方が、長いし大変だってこと。

出産してから知りました。(笑)

あの時も思ったのですが、
今回も。

心のケアって。

今の医療でものすごく抜けていることだと思うんです。
これは医療はもちろんなんですけどね。

老人介護の面でも。

患者とか、お年寄りの方をどうしても下に見てしまう傾向をいつも感じるんですよね。

忙しいから仕方がないといえばそうなんですけど。
昔に比べれば、ものすごくよくなっているんでしょうけど。(昔はいましたよねえ。
患者をどなりちらすお医者さんとか)

自分は専門家だから、上っていう意識。
ちょっと、変われないかなあとよく思います。
確かに、医療関係者だから専門家なんでしょうけどね。

でも、あんた患者になったことないんだから。
患者からいえば、あんた素人だよ。

と、よく思うが。

怖くて言えない。

私は、家族もいて、応援してくれる友達もいて、
がん患者としてはかなり恵まれていると思います。

でもね。それでも、急にさびしく心細くなることがあります。
どうしようもない不安感とかね。

私でさえ、そうなのに。
一人で、戦っている方のことを考えると怖くなります。
本当に大丈夫だろうか?
寂しくない?
ってね。

医療はどんどん進歩しているけど。
心のケアはちょっと遅れがち。
うーん。
どうにかならないかなあ。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

にこさん、こんばんわ~

最後の副作用、心が軽くなったらきっと副作用も軽くなると思いますよ~
心と体って繋がってるから、そういうもんだと思ってます~
(お気楽すぎてごめんなさい)

心のケアについては、私も全く同感です。
患者の誰もが一度は感じることかと思います。
医者って自分が病気になったことないと、絶対患者の気持ちは分からない。
心のケアで治療成績がうんと上がることだってあるのにね。

心と体は繋がってるんだぞ!そんな事も知らないの?医者のくせに、って言ってやりたい奴もいるよね~

幸い、私の主治医は割と良い方だと思うので、不満を感じたことはないんだけど。
世の中にはひどいお医者もいるんだろうな。
友達も医者に怒鳴られたことあるって言ってたし・・・。
ただでさえ病気が分かって落ち込んでる相手に追い討ちかけるなんて、
人間としてありえない!って思うけど、
もうそういう感覚が麻痺しているのかもしれないね。

ちゅらりん☆ | URL | 2015-01-19 (Mon) 20:15 [編集 ]


こんにちはぁ~(^^)/ にこさん♪

うん~!わかる!思う!
心のケア!

良くね。お友達と話すんだけど、医者になる時に
試験とかいろいろあるだろうけど
その時に抗がん剤を必ず一度経験する!って入れたらいいのにね!って話してました(笑)

そしたら患者の気持ちもわかるだろうしぃ~って♪
まぁ。飲み会の戯れの中のお話ですが…(笑)

心のケアは難しいですよね。
自分でどうにかするしかない!ってのが現状かなぁ。。。

同じ境遇のお友達と話して聞いてもらって、
愚痴りあうが私には一番のお薬でした(^^)

副作用軽くすみますように☆彡

ちぇりぃ~☆彡 | URL | 2015-01-20 (Tue) 12:15 [編集 ]


Re: タイトルなし

ちゅらりんさーん。
寒いですねえ。
お元気ですかあ。

> 最後の副作用、心が軽くなったらきっと副作用も軽くなると思いますよ~

いやいや。私も大概はお気楽ですよー。
治るとすべてを忘れちゃう。

患者はそれでいいんだと思うんですよねえ。
いつまでも、つらかったこと鬱々と覚えていたら、大変!
いけいけどんどんでいいですよねえ。
でも、医療関係社はいけいけどんどんじゃ困るんですよねえ。

あたし達(一緒にしてごめんなさい)みたいに、
その時はあわあわしながらも、通過できる人ばかりじゃないんだから。
病気ばかり見てないで、患者見て!
って、医者に言いたい。(言えないけどさ)


> 医者って自分が病気になったことないと、絶対患者の気持ちは分からない。
> 心のケアで治療成績がうんと上がることだってあるのにね。

かなり変わると思うんだけどね。
ただ、本当に信じられないくらいのわがままな患者さんってのも実際いるからねえ。
心のケアが必要な医療の場合は大体長期間お医者さんとつきあうから、
その区別はつくと思うんだよねえ。
まあ、医者の資質もあるけど。。。。。
心のケアが出来るかなんて、試験でわかんないし。

> 心と体は繋がってるんだぞ!そんな事も知らないの?医者のくせに、って言ってやりたい奴もいるよね~

人の目を見られない、眼科医とか。
ものすごく不器用な、血管の専門医とか。。。
どうして、あなたこの分野に来たの?と聞きたくなるような医者が、結構いるよね。


今週が終われば、副作用ウィークも終わるはず。
2月の初めあたりにランチでもいかがでしょうか?

にこ です。 | URL | 2015-01-21 (Wed) 17:35 [編集 ]


Re: タイトルなし

ちぇりぃ~☆彡 さーん。
おいでいただいてありがとうございます。

> うん~!わかる!思う!
> 心のケア!

同じ思いをしている方がいるのは嬉しいでーす。

> 良くね。お友達と話すんだけど、医者になる時に
> 試験とかいろいろあるだろうけど
> その時に抗がん剤を必ず一度経験する!って入れたらいいのにね!って話してました(笑)

おー!すご!
そんなアイデア(?)考えたことも無かった。
患者の身になって考えられる、体験って必要よねえ。
なんか、あればいいのに。


> 心のケアは難しいですよね。
> 自分でどうにかするしかない!ってのが現状かなぁ。。。

そうなのよねえ。
でも、有料でもいいから、ちょっと助けてくれるシステムがあると、
治療が楽になるひと結構いると思うんだけどなあ。
お友達作りにくい人もいるだろうし。
なんかないかなあ。。。と思っているけど、なかなか。。。。



> 副作用軽くすみますように☆彡

ありがとうございます。
最後のドセタキセルの副作用。。。
軽くすみますように!って、自分の身体をおどしてる(笑)

ちぇりぃ~☆彡 さんも、どんどん値が下がって行きますように。

にこ です。 | URL | 2015-01-21 (Wed) 17:46 [編集 ]