にこ乳がん記録帖

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リンパ球の割合 と 体温の話

ドセタキセル3回目(ケモ7回目)ー13日目

今回は調子いいよーっていい気になってましたが、
熱は7度ほどなのに、ちょっと痛みっぽいものがでてきました。
とは言っても、ロキソニン1錠飲めば治る程度のものですから、
大したことはないんですけどね。
昨日も夕方からそんな感じで、ロキソニン1錠。
今日も先ほど(昼過ぎね)1錠飲んでみました。
でも、全体的な体調はあがってるような気がします。

さて、そんななか。
家を見回してみると、こんな本が
疲れない体をつくる免疫力 (知的生きかた文庫)疲れない体をつくる免疫力 (知的生きかた文庫)
(2010/08/20)
安保 徹

商品詳細を見る


いつ購入したのか覚えていないのですけど。

最近、免疫!って言葉に敏感になってますから、
あら、いい本あるじゃない!
って手にとって読んでみたのですけど。

私って、からだは頑丈と思い込んでいたふしがあるのですが、
ただ、気になることとして、
低体温
っていうのが、ちょっと気になっていました。
普段、熱もださないから、ほとんど体温計ることも無かったのですが、
新型インフルエンザが流行したときに、
職場で、
毎朝熱を測って報告するように!
っておふれがでたんですよ。

で、面倒だなと思いながら計ってみたんですけど。
体温が36度ない!
35度の前半!
を毎日示していて、びっくりしたんです。
そういや、お腹をさわるといつも冷たいし、
血液の循環悪いのかなと思っていたんですけどね。

多分、そういうときにこの本見つけて購入したのではないかと思います。

今回ちょっと読んでみると、興味ある項目が、
読んでもすぐ忘れるんで、ちょっと書き留めさせてくださいね。

体温について、
 ベストの体温は36.5℃
 この体温を維持していると、エネルギー代謝を行うのに必要な酵素がよく働いて(体温が低いと働かない)代謝が滞りなく働く。それによって、疲れにくい、疲れをためない体質になる。

リンパ球の割合
 白血球の中にあるリンパ球。その割合も健康の指標になるらしいのです。
 
リンパ球のベストの割合は38%
 多くても(50%以上)少なくても(30%以下)低体温になり、病気の世界に入るとか。

 ここで、ぴーんと来た方もいらっしゃるでしょうが。
 癌で闘病中の方々って、いやと言うほど血液検査してますよね。
 その値の中にリンパ球の割合って言うのがあると思うんです。
 それを指標にすればいいのではと思います。

 で、私の場合ですけど。
 悲しいことに抗がん剤中の値しかないので、あまり参考にならないと思うのですが。
 それなりにまともに白血球があるときの値でみると
  12.9%(ドセ2回目投与日 白血球6100 体温37.2℃)
  21.4%(ドセ3回目投与日 白血球4300 体温36.6℃)
 
 どちらも30%を大きく切ってます。
 病気、病気。
 でも、体温はそれなりに高いです。
 うーん。これじゃあ、わかんない。。。。

抗がん剤終わってから、手術終わってから、もう一度データーとって、考えるべきですかね。

ちなみに、私の低体温ですけど。
癌と診断されてから、何度も体温計りましたが、36度以上を示しています。
その直前の値は測定していないので、癌と診断されて体温あがったのか、低体温が少しずつ治ったのかはわかりません。

ドセになってからよく発熱するので、これはデーターにならないと思いますが。
FECの時はいつも36度前半を示していました。

この前半の値を後半の36.8℃にするっていうのが、
手術後に考えなくてはいけないことかもしれません。
何すればいいかなあ。


 
 


スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。