にこ乳がん記録帖

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドセタキセル2回目は発熱がメインでした

ドセ2−17日目

だるいだるいと思っていたのは、13日くらいまででしょうか。
ドセ2回目は1回目に比べると経過は順調でした。

当然、骨髄の抑制はあり、そのつらさはありましたけど。
痛みがそれほど出ないこと、
前回悩まされた吐き気も出なかったこと
また、痛み、浮腫がひどくでていなこと。
で、順調と思えるのだろうと思います。

ただ、今回は、発熱が続きました。
11日目に8度5分!
なんか調子悪いなあと思っていて、計ってみるとあら高熱。
びっくりして、クラビッドを飲みました。

このクラビッドってすごいですね。
飲んだとたんに、熱が下がります。
解熱剤より効果的。
抗生剤を馬鹿にしていた私としては、びっくりです。

このクラビットという薬。
ちょっと前は量が少なくて1日3回だったんですよね。
それが、効果がでるようにって、
1日1回、大量に飲む処方に変わったんです。

なぜかというと、こっちの方が効果がでるかららしいんです。
しかも、心配される副作用も1日3回飲むときとは変わらないらしい。

なら、1日1回ですよね。

膀胱炎とかの時もよく出ている薬だったのですけど。
まさか、抗がん剤の感染予防で出てくるとは思ってもいませんでした。

ただし、抗生剤でこんな飲み方をしているのは
このクラビットだけです。
他は、なぜ、従来の1日3回 小容量なのか。。。。
不思議です。

話は飛びましたが、

ドセ2回目の状況
1日目〜3日目 元気
4日目 夜から免疫低下を自覚 皮膚の調子が低下
5日目〜6日目 免疫低下中 ほとんどごろごろしている
           胸がつまる感じ 胃薬必須となる(セルベックス1日3回)
           指先が痛いような感じがするのでロキソニン1錠→快癒
        (でも、食事や子どもの送迎はなんとかできた)
7日目  37.7℃→クラビット  状況は5〜6日目と同じごろごろ
8日目  36.6℃         検査のため病院に、血液検査で免疫低下中を確認
9日目  37.2℃         まだまだ免疫低下中。症状も5日目から6日目と同じようなもの
11日目 38.5℃ →クラビット 発熱が最高記録。 症状は、変わらない。
12日目 36,9℃ →クラビッド すこしずつ調子があがってきている感じがする
13日目 37.7℃ →クラビッド 発熱はあるけれど、体調はあがってきている。
14日目 36.5℃          ぐんと元気になり。復活を実感。
15日目                検査で病院に、帰りに自由が丘でお買い物 楽しい!
16日目                動きもスムーズに。普通の生活ができる。お風呂の大掃除に精を出す
17日目 37.2℃          元気 窓ふきに精を出す(と思ったら、微熱があるっぽいので、ちょっと反省。)

次回のドセ3回目の投与はなんとクリスマスイブ!
今回の状況を考えると、お正月は寝正月になりそうです。
喪中なので、何の用意も必要ないのですけど。
年末の年越しそばは美味しく食べたかったなあと。。。今から残念がってます。

とはいえ、抗がん剤もあと2回。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。