にこ乳がん記録帖

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一人だと楽なのね。

FEC4−13日目

今回は、味覚障害とだるいのがつらい日々です。

昨夜は、久しぶりの一人の夜でした。
夫は、中国に出張中。
息子は、親戚の家に泊まりに行って。

一人の夜って、子どもが生まれるまではしょっちゅうでした。
よって、貴重さは全く感じず。
しかし、子どもが生まれてからは、
それは、かなり貴重な時間となります。
今子どもは9歳ですが、一人の夜をすごしたのは、5回あるかなあ?
って感じで、これは有効に使わなくてはと、いつも気合が入ります。

今までは、いつもはどこに行こうか、誰と会おうかばかり考えていて。
家でのんびり過ごすということはありませんでした。

でも、今回は、なんせ、ダルダルの日々なので。
家にいるしか選択肢はなくて。
のんびりの一人の夜を過ごそうと決意(?)したのです。

一人の夜を過ごす準備として。
車でTSUTAYAに行き。
DVDを借りてました。(小さいおうち)
images.jpg

ここクリック/a>

夕食は作る気はなく。さりとて、其れ程食欲もなし。よって、TSUTAYA近くのお気に入りのおそばやさん(おそばも親子丼もすごく美味しいのです)
で、おそばの夕食。

家に帰ってもまだ、6時すぎ。

好きな曲を聴き
DVDを見て。

のんびりのんびり

こんな夜、記憶にないくらい久しぶりです。


今朝起きてみると、だるだるだった状態からかなり回復していました。
もちろん、一晩でかなり楽になったということもあるのでしょうが。
でも、やっぱりいろんなところが楽なのです。

家族がいるのは、とてもありがたいこと。
わいわいとしているので、気持ちも安らぐし、(腹立つことも山のようにあるけと。)
何より動かなくちゃって気持ちになる。

それは、いいのですけど。
やっぱり、身体にとってはつらいようだ。
ということが今朝起きてみてわかりました。

やっぱり楽なのですね。
なにもせずのんびりするということは。

健康に生まれてきて、病気をしても、数日ゴロゴロしていれば回復する。
そんな生活をしてきたので、
何がどれだけ身体に負担なのか考えたことも無かったです。

子どもを育てながら、治療をするっていうのは。
良いこともあるけど、短所のこともある。

うまくバランスとれば、この副作用もかなり軽減するのではないか。
今までみたいに、行け行けどんどんじゃだめということがよくわかった
一日でした。

しかし、今晩、息子も夫も帰宅します。
しかも明日は息子社会科見学とかで、お弁当。
(給食に慣れている親にとって、お弁当は苦行です)

あと数時間。
のんびりと思ったけど。
まずは買い物行かなくっちゃ。

のんびり生活
長くは続きません。


ちなみに
DVDの  ちいさいおうち
すごく良かったです。
黒木華ちゃん。ほんとうにかわいい。
久々に良い映画を見ました。




スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。