にこ乳がん記録帖

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウィグスタート

脱毛におたおたしながらも。

FEC1-16日目

ウィグ受け取りの日です。
この日に、サイズ調整、ウィグのカット、
それに自毛のカットもしてもらえます。(無料)

さて、お店は自宅から電車に乗って30分ほどのところにあります。
お店に入ると個室に通され、そこでカットもシャンプーも、
もちろんウィグの調整もすべて出来ます。
前回までは、毛髪調整士という資格を持った方が担当してくださいましたが、
今回はスタイリストさんが担当。(予約する際に男性でも良いか確認されました。)
穏やかな感じの男性です。

まずは、注文したウィグをつけてみます。
ボブタイプをお願いしていました。
なんとなく頭がぼわーっと大きくなった感じがしますが、
まだ頭に慣れていないせいもあり、だんだん馴染んできますよ
とのことでした。
大体の雰囲気がわかったところで、自毛のカットに移ります。
私はもう脱毛が始まっている状態なので、外出する時はウィグが必要です。
よって、ウィグがつけやすいようなベリーショートカットにしてもらいました。

脱毛状態なのにスタイリストさん。臆することなく、カット、カット。

もともとショートなのでそれほど違和感は感じず。
久しぶり(2ヶ月ぶり)のカットに 爽快感。

カットの後は、シャンプー!
脱毛中の私には本当にありがたい!

ずぼー!って抜けながらのシャンプーとドライヤー。
浴室は大変なことになります。
でも今日は、美容院と同じ。
かなりしっかりめにシャンプーしてくださいます。
すごく脱毛しているんだろうなと思いますが。
見えないので、気になりません。

因みに、脱毛が始まったらコンディショナーは使わない方がよいとのこと
毛髪の抜けた毛穴に良くないそうです。

カットの間に、今後の手入れの仕方を教えてもらいました。

まず、頭皮の方。
脱毛するまでは、普通のシャンプーで(リンスはだめよ)
脱毛が終了したら、頭皮専用シャンプーを使って、
皮脂の汚れを取るように。
毛髪がある間は、髪に皮脂がついて分散されるが無くなると頭皮に全部くっつく。
かなりの汚れになるので、頭皮を充分に洗うように。
でも、治療中は頭皮のマッサージはだめ
ついでに、身体の皮膚もかなりダメージをうけているから
マッサージみたいなことはやめた方がいい。

治療が終わったら、せっせとマッサージをすること。
1日3分でいいから、やると後の効果が違うそう。

マッサージの効果がでるのは4ヶ月後。
効果がでるのがあまりに先なので、途中で挫折してしまう方も多いとか。
でも、必ず効果はでるんですよー。
とスタイリストの方は力説していましたが。
まあ、ケモが終わってからの話です。
また力説していただきましょう。

ウィグの手入れは
1ヶ月に1回のシャンプーで良いそうです。
10日に一回くらいかなあと思ってただけにあまりの少なさにびっくり!
ウィグの下に専用のキャップをかぶります。
これが、頭皮から出る汗、皮脂を吸い込んでウィグまで到達しないそうなんです。
だからキャップを洗っていれば大丈夫。
あまり頻繁に洗うのも消耗が激しくなってダメ。
だから1ヶ月に1回で充分ですとのこと。
ただし、ウィグを使い終わった直後にミストを噴霧することが必須です。
これで、抗菌、防臭効果がでるそうです。

ウィグの洗い方は1ヶ月後にまたお店に行けば無料で教えてくれるそうです。

使い方は簡単でした。
ウィグには金具が1カ所ついています。
あらかじめ被っているキャップにひっかけて、
あとは頭に固定しておしまい。
慣れれば数分かな?

ウィグの反響は上々です。
というか、ウィグとは気づかれないようです。
ウィグなのよーというと。
「え!すごく自然なんですけどー」
とびっくりされます。

今はまだ前髪をすこしだけカットしただけ。
(眉毛が抜けたときに隠せるように)
時間がたつにつれて、短くしていけば良いのでは?
とお店からは言われています。
(替えるのも限度がありますが)

1ヶ月くらいしたら、シャンプー講習のためまたお店に行くし。
そのころは自毛もなくなっているでしょうから、頭のサイズも変わって
サイズ調整が必要です。(サイズ調整は何度やっても無料です)

行きはキャップだったので気持ちも下向きでしたが
帰りはウィグになって、かなり気持ちがアップしました。
嬉しくなって、疲れてるのに帰りにデパード寄っちゃいました。



スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。