にこ乳がん記録帖

脱毛スタート

FEC1-14(一回目14日経過)
抗がん剤投与から二週間位で髪が抜け始めますよー。
と、言われてはや二週間。
しかし、全くその傾向はなく。
引っ張ってみても抜けない。
髪も結構ツヤツヤで、元気そう。

「もしかして、私は抜けないんじゃないの?ウィグ予約しちゃったのに……」
と呑気に14日目のあさを迎えていたのですが、
(基本、プラス思考なんで。。)

夜のお風呂から急変しました。
髪を洗うためにシャワーで濡らそうとしたら
あら?髪の毛が落ちる!
試しに手櫛ですっと通してみると、
10本位いっぺんに手についてます。
「あら。やっぱり、抜けた。」

ウィグのお店の方の説明では、
「初めは何度手櫛でといても数本抜けるんです。日が経つにつれてどんどん増えていくんです。」
とのことでしたけど。
とんでもない。
初日から、結構な量が抜けてます。
これがどんどん増えていって、
脱毛祭りになるのですよね。


予定外の早さに、オロオロしながらも、まずは、ウィグのお店で購入した、使い捨てのキャップをつけて、
その上に柔らかい帽子をつけて、家の中は歩くようにしました。
使い捨てのキャップをつけることにより、抜け毛が帽子にくっつくのをふせぎ(帽子にくっつくと取りにくいらしい)、また抜け毛が散らばるのも防ぐとが。
10枚入りなので、毎日取り替えられそう。
(10日で終わると思ってるんですけど)

突然パジャマに帽子姿になった妻の姿に、
夫は悟ったようです。
あえて報告はしませんでした。

息子は、朝起きて来て、帽子姿に何て言うかな?とちょっと心配でしたが。
何も言うことなく、普通に朝を過ごして久々の学校(夏休み明けでしたので)に出掛けて行きました。
息子の場合、悟った訳ではなく、気がつかなかっただけだと思います。
この帽子はたまに被っていたので違和感もなかったでしょうし。。
こういう時は鈍感な息子で良かったと
こころから思います。

明日、ウィグを受け取りに行きます。
その時、ウィグのスタイリングと地毛のカットもしてもらう予定です。

まだ、少ない量しか抜けてないからかもしれませんが、思ったよりショックはなかったです。
でも、しばらくは抜け毛との戦い。
ジャンプーの恐怖。
覚悟しなくては。。

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する