にこ乳がん記録帖

保険組合からの給付金

癌はお金がかかるといいますが。
治療前の検査段階で10万円!
こんなにお金がかかるとは思ってもいませんでした。

もちろん治療もお金がかかり、
抗がん剤は1回4万円をこえます。
それを8回!
私はHER2が陰性(+1)だったので、必要ないのですが
必要なかたは、またまた高額になるし。

入院。手術。再建。
そして10年間のホルモン剤のお金。

癌保険に入っていれば、その負担もずいぶん軽くなっていたのでしょうが。
私は入っていなかったので、給付はありません。

高額療養費というものがあるらしく、月8万円を超えると
(高額所得のかたは15万円)超えた額の返金があるらしく、
限度額(8万円か15万円か)を超えた月が続くとまた補助があるらしいのですが。

同じ月の間に検査を全部すましてくれれば、限度額を超えるのでしょうが、
私の場合、月をまたがって検査をしたので限度額にとどきません。
抗がん剤も、限度を超える月(抗がん剤が月2回投与のとき)と
超えない月が交互におこり、毎月限度を超えるわけではない。


だいたい、医療費8万円!なんて、普通の額じゃないですよね。
これだけあったら何ができるか。
毎月豪遊できてしまいます。
でも、これはやらざるを得ないものなので、
あとで! なんて言ってられない。

でも、癌をわずらった友人に聞くと、それほどでもないと言うのです。
「色々保険組合から帰ってきたから、ものすごく困ったってことはないですよ。」
失礼ながら、我が家と同じサラリーマン家庭。
セレブのお家ではないと思う(ごめん、友達)
でも、フルタイムで働いていた彼女は
勤めていた保険組合からいろいろ返金されてきたというのです。

保険組合ねえ。
色々調べてみましたら。
ありました。

私はパートだったので、保険は夫の扶養でやってもらっています。
夫の会社の保険組合での規定で、記載がありました。

当組合の給付について
当組合では、療養の給付、家族療養費、高額療養費、家族高額療養費
訪問看護療養費、家族訪問看護療養費が支給される場合に、
独自の給付(付加給付)を行っており、被保険者および、被扶養者の
最終的な自己負担額は2万円(+端数)までとなっています。
支払いは、病院から健康保険組合に送られてくる「診療報酬明細書」を
もとに計算し、自動的に行います。
(支払いの時期はおおよそ診療月の3ヶ月後になります。

読解力のない私なので正しいのかどうかちょっと不安なのですが。
つまり、毎月どんなに治療費がかかっても2万円(+端数)ですむ。
ということ?
もちろん、いったんは、病院にお金を支払わなくてはいけないのだけど、
3ヶ月ほどたつと、2万円を超えた額がもどってくる!
申請は不要。

2万円が安い額とは思いませんが、
8万円支払うのから比べれば、雲泥の差。
健康保険組合ってありがたい。
感謝です。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

給付金、ありがたいよね~
私のとこも同じような感じで
差し引くと一ヶ月の医療費が2万~3万くらいの負担ですむようになってました。
私が受けたアブラキサンなんて、一回7万円超えてましたから、
それが月に2回となるともう、クラクラしちゃいます。
ガンってお金かかると漠然と聞いてはいたけど、
本当にかかるんだな~って、自分がなってみて初めて実感した。
抗がん剤が高いのかっ!お前かっ!って感じ。
あと、手術代も・・・・びっくり仰天なお値段でした@@
私の病院は特にお高かったみたいで・・・。

ちゅらりん☆ | URL | 2014-08-21 (Thu) 21:31 [編集 ]


ちゅらりんさんへ
コメントありがとうございます。
アブラキサン7万円って。。。
4回で30万円?
尋常じゃないですよねえ。
抗がん剤って。
本当に命かかってるから、出し惜しみはできないけれど。
保険の種類では、給付がないところもあるでしょうから、本当に大変なことなんだと今頃気がつきました。
癌にならないとそんなこと気がつきませんよね。
手術って、そんなにかかるんですか。。。。
再建もかかりそうですよねえ。
私は医療保険には入っていて、手術の補助はでるらしいのですが、再建手術の場合はどうなんでしょうねえ。
知らないことばっかりで、ふーっとため息がでます。

にこ です。 | URL | 2014-08-22 (Fri) 07:54 [編集 ]