にこ乳がん記録帖

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FEC1回目も一週間たつと

FEC1回目から1週間がたちました。

吐き気と、胃の不調だけでおわりましたが。
5日目になっても、胃の調子はいまひとつ。
大事にしろ大事にしろと言われるので、
素直な私は大事にしなくちゃと思うのですが。
そういわれても、
身体をいたわるとか、丁寧な生活をしたことがないので。
大事にするというやり方がわからないんです。

何をやってよくて、何が悪いの?わからない。
とにかく、大事に大事にとタラタラと毎日を暮らしていました。

でも、世の中そんな訳にはいきません。
大掃除が待っていまして。
夫が、治療に専念するために、
今ほとんど物置状態の部屋にベッドを入れる!
と宣言したことから始まりました。
ありがたいと言えばありがたい。
でも、物置状態から、新しくベッドを入れるということは、
どんなに大変か。想像すればわかります。
当然、私は反対したのです。

でも、夫は、負けずに主張するのです。
親子3人で寝ていると、寝相の悪い息子が、動き回る。
具合が悪いのに、拍車をかけて機嫌が悪くなる。
夫にあたる。

それじゃあ、僕が可哀想だ!

悲壮感あふれる、大演説をするので、
まあそんなに言うならと言うことで、始めました。
1年もしたら、そのまま息子の部屋にすればいいなと思ったので。
この際、やってしまうかと。

大掃除が始まって、予想どおり、いや予想以上にすごいことになりました。

狭いろうかに、捨てるゴミの袋がたくさん。
廃段ボールもたくさん。
寄付するために集めたものの段ボールもあり。
ゴミの日まで、鎮座しています。

ここまでやってくれたのは、夫です。
夏休みの間、一人でもくもくとやってくれたのです。
でも、夏休みが終わって、もう掃除は終わったらしいのです。

つまり、そこからは、私の仕事。
いきなりバトンタッチ。

まずはゴミの日を指折り数えて待って。
当日、ゴミを捨てに行きます。
管理人さんに、「あら、よくためたわねー。」
と、笑われながら 何度も何度も往復して。

こんなんじゃ体調くずすんじゃないかしら?
あたし、癌患者なのにー。
と思っていましたが、反対に元気になりました。

恐がりすぎたようです。

スイッチが入りました。

それからは、動いているので、お腹もすく
体調復活しているから、食事もおいしい。
調子に乗って食べ過ぎて、胃が痛くなる
ってことを繰り返しています。

調子にのると、止まらない。

絨毯掃除まで、頼んでしまいました。
昨日頼んだら、今日来るっていうので。
朝から、すごい勢いでまた片付け。
夫はあきれかえってますけど、止まりません!

家がものすごく変わっています。

治療専念ルーム(?)には、
木曜日にクーラー(20年もののクーラーが壊れたままになっていた)が来て。
金曜日にはベッドが来ます。


でも、今週の土曜日から5日間は、白血球が下がる日が始まります。
看護婦さんから、
「これが一番あぶないんですよー。注意してくださいね」
と念をおされた日々です。

少し、ペースを落とさなくっちゃ。
できるかな?
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。