にこ乳がん記録帖

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

術後1年半通過と検査の簡略化

月日のたつのは早いもので。
夏休みも終わってしまいました。

前回ご紹介したウィグは快適につかっています。
というか、誰もウィグとわからないらしく(自然すぎて?)なんの感想も言ってくれません。
それが唯一の不満。。。。

さて、術後1年半の検診を受けて参りました。

受けたのは、対側の超音波と(全摘だから一個だけ)血液検査です。
つまり、見てるのは対側だけで、もし、他に転移している場合はみつけられないんじゃない?
と思ってしまうのですが。

先生に聞くと、血液検査でデーターはでるそうです。
マーカーのことを言っているのでしょうけど。
これはそんなに正確なのでしょうか?

勝手な憶測ですけど。
対側に転移した場合以外は、手術は不可能なんですよね。
だから、急いで見つけることは必要ない。
生存率も変わらないみたいですし。。。。。
(何度聞いても生存率って嫌なことば)

無駄に検査する必要はないってことでしょうか?

さて。今回の検査結果。
無事通過しました。

さらっと書いてますけど。結果を聞くまではどきどきしました。
なんとなく。大丈夫じゃないかなと思ってはいたのですけど。
でも、なんの確証もない話ですから。どきどき。

聞いたときは、心底ほっとしました。
癌患者しかわからないこのどきどき感。
まだ私は初心者ですけど。
多分、何度やっても嫌なもんでしょうね。

でも、これで、来年の2月までは検査はありません!

やった!

次回は、術後2年検診です(その前に3ヶ月後の投薬の日がありますが。処方箋もらうだけですから)

前回1年検診とのきは、骨シンチなど大きな検査がはいりました。

術後5年間は、1年ごとにおおきな検査をするのが、通例だったのですが。


2年検診は血液検査とマンモグラフィーだけ。

あれ?

と思い、先生に質問しました。

「そうなんですよ。骨シンチとか検査しなくても血液検査で十分カバーできるっていうことになって。なくなったんです」

とのこと。

つまり、血液検査や触診でおかしいってことにならなかった場合は、骨シンチもCTもしない。

検査は楽な方がいいんですけど。
今まで、やってたことをやらないでいいって言われると少々複雑。。。。。。

でも。
とにかく。

無事1年半を通過しました!

やった!
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。