にこ乳がん記録帖

ウィグ決め2) メーカーを決める スベンソンかフォンティーヌか

ウィグは、高級路線でいく!と決めたので、
候補は2つにしぼれました。

スベンソンかフォンティーヌか。

フォンティーヌはかつらメーカーのアデランスが経営していて、全国のデパート、橫浜ではサロンもやっています。
私の通っている病院の美容室で扱っていて。
さっそく病院の美容室に行ってみると、いろいろかぶせてくれて、ウィグのつけごこちの違いを体感させてくれました。

既製品とセミオーダーがあって(その他フルオーダーもありますが、最初からこれは考えませんでした)
値段もちがうけれど、品質も違うということ。

私の場合、頭の大きさが大きいこともあって、つけごこちがぴったりくるものになるとセミオーダーの中でも、種類が限られてきて、
22万円!になるとか。
でも、この22万円。色も髪型もすてきです。

ただ、ネットの口コミでみると、品質は良いけれど、スベンソンよりもアフターケアが充実していないと書いてありました。
(との時点の話であるのか。これが真実なのかはわかりません。)
別の口コミで見ると、スベンソンの方がランキングが上なのです。
ただ、アフターケアについては、私の病院はフォンティーヌを扱っているので、
病院に行ったときの、治療中にケアをおこなってくれる。
洗浄やセットの料金は2000円弱とスベンソンよりも安い。
とあるので、スベンソンと同等と考えても良いのかもしれません。

で、スベンソンも行ってみると。
病院でも、神奈川なら神奈川がんセンターなどが扱っているようですが。
残念ながら、私は違う病院なので、橫浜駅からすぐのサロンに行ってみました。

予約して、個室で対応してくれます。
脱毛について、症状やその時期について、詳細に説明してくれました。(ただ、これはネットでも充分情報がとれる内容です)
商品説明。
既製品もあるけれど、安い分耐久年数が短い。
セミオーダーをおすすめします。とのことでした。(どこもそうね)
セミオーダーもいろいろなランクがあるけれど、私の頭(普通より1㎝程度いろんな部分が大きいのだそうです)や髪型を見ると
16万円か21万円のどちらかがおすすめ。
16万円でも充分対応できるとのことでした。(フォンティーヌよりも安い)
ちなみに16万円で、微妙なサイズ調整、ちょっとした髪型の変更は無料とのことでした。
いっぺんに比べた訳ではないのですが、色的にはフォンティーヌの方がいいかなと思いました。
あと、スベンソンは、なるべくものと髪型にあわせることを基本に考えているので、劇的な変化がない分、おしゃれに変化するのはちょっと無理。(もともとおしゃれな人なら別だけど)

おもしろみについては、フォンティーヌ。
自然にという感じならスベンソン。

なんだかんだ考えて。
スベンソンにしました。
でも、こっちでよかったのかなあ。とまだ悩んでいます。




1度は、スベンソンに決めたものの。
高ーいたか〜い買い物ですから。
この後も悩んで、フォンティーヌの路面店に行ってみました。

結論は簡単。
スベンソンに決めました。
フォンティーヌはサイズが少ない。
セミオーダーでは22万円のならありますけど、品質が今ひとつ。。と言われ。
セミオーダーはあまりオススメしません!と言われ。(あら。。。)
オーダーなら、そのまま被れるし(ネットを被らなくて良いそうです。)、温泉だって入れるし、お手入れも簡単!
でも、値段は29万円と31万円!(かぶりこごこちが値段に比例。頭皮がわりのものが違うらしい)
出来上がりは、40日かかるとか。
それまでどうするの?(下手したらつるっぱげ状態ですよ〜)と聞いたら、涼しい顔で
「他のウィグをお求めになって皆さんお待ちになってます〜。」
だそうです。
ウィグに、40万円もそれ以上かけても問題ない方の為のものなのね。
というか、私には無理な世界だと認識しました。
結局、出されたお茶を半分も飲まず(無理とわかった以上、話はないので)そそくさと出てきました。

やっぱり、スベンソンにしよう!
これでも、私には高価だから。

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する