にこ乳がん記録帖

習って覚えて真似して捨てる

放射線12日目
明日で折り返しです。
なんとなくテンポが慣れてきたというか。
あと半分だと思うとちょっとウキウキしてしまいます

皮膚の調子も、ロコイド軟膏を塗ったおかげかちくちく感がなくなりました。
腋の下はまだ赤いかなあ。
痛みなくても赤かったらロコイド軟膏塗ってくださいとの医師の指示なので。
保湿にあわせて、ロコイドを塗っていこうと思います

さて。
放射線もあと10日あまりで終わります。
終わったら、私はホルモン陽性だったので、
ホルモン剤のみで毎日をすごすことになります。

つまり、医学の上ではこれ以上の治療はない。
ということ。

じゃあ、これからやることは?

と思うのですけどね。

普通だと思っていた暮らしで、癌が発生したのだから。
同じ生活にもどったらまた、癌が発生しそう。。。

生活変えなくちゃ。

と言ってもね。

毎日のことだし、子どももいる。
そうそう、生活は変えられないのです。

大体、大幅にストイックな生活にしてみたって
豆腐のような根性の私が続くわけない。
かえってストレスになります。(笑)

じゃあ、どうするか。

私なりに色々考えてきてるんですけどね。
頭のなかごちゃごちゃになっているので。
整理がてら、書いていこうと思います。

で、
進めていくにおいての私のやり方なのですが。

習って覚えてまねして捨てる

これをいつも頭においてやりたいと思ってます。

この言葉。
もちろん私が考えた言葉ではないです。
社会人になりたてのころに読んだ本にとても感銘を受けて。
私としてはめずらしいことなんですよね。
未だにこの言葉を胸に刻んでます。

もう売ってないと思うのですけど。
(アマゾンでも中古でしか売ってませんでした)
名経営者として一時期はちょっともてはやされた方の本です。
経営とか、有名人とかは私にとってもどうでもいいことなのですが。
この人のやり方 私にはとてもわかりやすかったのです。

老年はちょっと残念な事件に巻き込まれて、表舞台から去ってしまわれたのですが。

201505191434421a3.jpg

で、話もどして、
題名にもなっている
この言葉。

私の今後の自分の治療(?)に役立てようと思います。

がんに効く!
ってことば、ネットでも本でもごまんとあって。
どれがいいのか。
また、どれだけやったらいいのか、さっぱりわかりません。

大体、がんの正体がわかっていないんだから、
これ!っていうことはわからない。

いいと思われて、自分でできそうと思ったら
とりあえずやってみる。
まねして、覚えて。
で、だめだったらやめて、
良かったら取り入れて。
でも取り入れるにしても、
まねして自分のものにしたら。
自分なりの方法に変える。(やりやすくする)
自分なりの方法が確立したら、まねした方法を捨てて
自分の方法でやっていく。

それが日常生活に入っていけばいいんじゃないかと。

ちょっとずつ。
無理せず。

本日はこれまで。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する