にこ乳がん記録帖

ホルモン剤 やってます

ラストケモ もうすぐ3ヶ月
手術から もうすぐ2ヶ月

そして、ホルモン剤は4月2日から開始したので。10日ほど、飲んでいます。
私は、薬をきちんと飲むということができなくて。
風邪薬もらっても、きちんと飲むのは1日くらい。
3日分もらっても絶対余る。。。。

ケモの時もらった薬でさえも。今、なぜか残っているものが結構あるので。。。
かなり飲んでいないのだと思います。

そんな私に。
ホルモン剤 毎日。しかも最低5年間も飲めって言われても!

と、かなり不満で。。。。

だいたいさー。
こんなちっちゃな薬、飲み続けて効果あるの?
って、逆ギレして思っていたんですけどね。

ホルモン剤って大事なものらしいのですね。
今頃知った。
しかも、抗がん剤より効果あるかもって言う記事もあり。

考えを改めました。

お友達(だと思っている)じぇんりーさんから、情報(知識)が入って。
先生に聞いてみたんです。
私のホルモン陽性のスコアはいくつかって。
そしたら。
8!
最高値です。

つまり、強陽性。

ホルモン剤すごく効くらしいのです。

先生は
「これを飲まない手はないってくらい効きますよ!」

と太鼓判。

それから、いろいろと調べてみたんですけど
それと、じぇんりーさんも色々知識をくださったので。。。

総括すると。(正確さは保証しませんよ。私の解釈もはいっているので)

ホルモン剤は、ヘタすれば、抗がん剤より効果がある!


得にホルモン強陽性の人は、抗がん剤が効きにくい。

らいしのです。

逆にホルモン陰性の方は抗がん剤が効きやすいみたいですが。

今頃ですが、思い当たることがあるのです。
私、FECとドセタキセルをやったのですけど。
FECは癌を半分くらいにし、腋リンパの癌も4個から2個に減ったのです。(手術したら6個残ってたけど)

半分になった!って、すごいじゃない!と私は結構るんるんだったのですが。
先生はすごく冷静で、
「正直、なくなっちゃう人もいるんですけどね。まあ、にこさんもそれなりに効いているってことで」
と、お喜びの量が少なかったのです。

しかもドセタキセルになると、効果がわからなくて。。。。
「まあ、かわらないってことで。大きくもなってないし」
と言われ、
「変わらないならやる意味あるの?」と正直、思ったのですけど。
もう、抵抗するのも面倒で。。。
そのまま、継続して、終了。

プログ見てると、すごく効いてました!って人多いので、
かなり不満だったのですよね。

で、リンパに6個で放射線追加って。

抗がん剤さん何してたの?

と、残っている筋肉痛の副作用の痛みを感じるたびに
本当に抗がん剤してよかったのかしら?
と思っていたのです。

まあ、先生の話では、ドセタキセルは再発防止の意味が強いということだったので。
まだ、見えてない癌にもしかしたら効果があるのかもとは思ったのですけど。

でも、ホルモン陽性のスコアが8と聞いて、
合点がいきました。

抗がん剤効きにくいタイプだったのね。

多分。多分ですから。
最初にリンパに転移が見当たらなかったら(エコーで)
抗がん剤は術後になり。
病理で無ければ、抗がん剤もしなかったのではないかと思います。

抗がん剤、効きにくいし、ホルモン剤効くから。

でも、私は初めから、リンパの転移があった。
しかもKi 値が高い。(癌のかおは1だけど)

だから、抗がん剤は必要という結果がでた。

って感じかな。


やっと、治療の意味がわかって。
しかもこれから飲む薬の重要性もわかって、
現在12回飲みましたが。
まだ忘れてない!

新記録!(低すぎ)

副作用も、これといったものは感じてません。
でるならいつ頃でるのでしょうか?

ちなみに私が飲んでいるホルモン剤は
アリミデックス(のジェネリック)

閉経後の人が対象の薬です。

閉経前と閉経後では、対象となるホルモンの出る場所が違うらしく。
閉経後は、脂肪とかからホルモンがでるらしいのです。
(だから、閉経後は太っちゃいけない。太ると再発しやすくなるからって言われるのかな?)

私、今50歳。
抗がん剤やる前は、まだ生理がありました。
ただ、性格とちがって私の生理は几帳面で。
きちんと28ー30日周期でやって来ていたのです。
ところが、まだ告知される(7月告知)前の4月あたりから
周期が21日と、またきっちり変更になって。
そのまま抗がん剤が始まって2回目で終了してしまいました。

つまり、閉経だったかどうかはかなり微妙な状況で。。。。

よく、2年くらい閉経前用のノルバデックス(タモキシフェン)を飲んで、その後閉経したとして、
この薬を飲むって
いう話も聞くんですけど。
私は、初めからこの閉経の人対象の薬を渡されて。

内科医にちょっと聞いてみたんですけど。
かなり微妙なようで、困ってました。
(正直な人です)

「年齢的にも、多分生理は再開しないと思うしなあ。微妙なんですよね」

こういう微妙なお年頃の患者には難しい話なんでしょうね。
万が一!(って先生言った!失礼な!  でもないか)
生理が始まったらすぐに知らせるということで、
私もあっさり引き下がりましたけど。

薬によって、副作用も違います。
私の飲むアリミデックスは、骨粗鬆症の危険があるらしいのです。
よって、飲む前に骨密度を測り、その後の変化をチェックします。

「にこさんは骨密度は問題ないと思うけど」
と、先生は計るまえから断言します。
どうも先生 すがた、形で判断しているらしい。。。。

いえいえ。私のおばーちゃんはひどい骨粗鬆症で、もうあちこち骨折して大変だったんだから。

案の定。
骨密度を測ったら、年齢の割には骨密度がとてもとても低くて。
サプリメントを飲むように指示されました。

「サプリメントって効くんですかねえ」
と聞いてみましたが、
「うーん。まあ。それなりに。。。。」
と微妙なお答え。
本当に正直な先生です。

骨粗鬆症対策。
考えなくてはいけません。






スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する