にこ乳がん記録帖

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年末です。来年は?

ドセタキセル 3回目(ケモ7回目)の7日目

免疫は確実に落ちてます。
動くこと自体、面倒です(これは副作用なのか、単なる性格なのか)
味覚障害もでてて、味がよくわからない。
でも、それなりに食べてます。(味の濃いものを欲します)
足のかゆみが出てきてるし、無意識に掻きむしったあとが、かさぶた状態になっていて、結構痛々しい。
口角炎もでてきてます。

ただ、吐き気もでないし、痛みもでない。
浮腫も?自分ではわかりません。

回数を重ねるにつれて、症状が重くなりますよ。
と言われていたけど、
私にとっては、1回目のドセタキセルが一番きつかったです。(吐き気もあったし、免疫低下の症状もきつかった)
2回目より3回目の方が、いまのところ楽です。

FECよりも、気分としては、楽です。

これからのことはわからないですけどね。
今のところそんな感じです。

さて、今日は12月30日。
暮れです。
本当に今年はびっくりびっくりの年でした。
昨年の年末は、家族でスキーに草津に行って、
スキーがんばるんだーとのんきなことを考えてました。

思えば、3月のシーズン最後のスキーの初日!
夫が、滑走中にスキーヤーにぶつかられて鎖骨を骨折したことから、我が家の空気が変わってきました。

5月の連休に元気だった、夫の父が、5月の末に甲状腺癌の末期癌(未分化癌)で、
いきなり余命2週間から4ヶ月と宣告されました。
食事もお酒も外出も問題なく一人でできていた父が夏を越せない。という衝撃が走り、

衝撃の中での私の乳癌宣告。

自分の乳癌もびっくりしましたが、
義理父の余命を考えると、なんで今、この時期に私が乳癌なの?
と、病院のロビーで悩みました。

もうそれからは、とにかく示された道をとにかく進むことしかやりませんでした。
義理父は宣告通り、7月に他界。
北陸地方での葬儀だったので、飛行機で行ったり来たりしながら、
東京で検査受けたりしてたっけ。


8月からの抗がん剤。
副作用におびえながらも、いろいろな人たちに励まされ、アドバイスをいただきながら
ようやくこの12月に7回を終えました。
あと、1回。
来年の2月に手術の予定です。

来年は・・・

どんな年になるのか。
というより、、、、

どんな年にしようかと考えてます。

残り、1回の抗がん剤、手術、その後のホルモン治療(もしかしたら、放射線治療もあるかもしれないし)
再建も考えなくてはいけません。

それは、もうレールがあるので、そのまま乗るしかないのですが。。

でもね。
私自身の考え方、えらそーに言えば、生き方を考えるチャンスになるかと思ってるんです。

元の生活にもどすっていうのもいいのかもしれませんけどね。
でも、私としては、それはどうかなと思っています。

癌になったこと。

これは、何かのメッセージがあるんじゃないかと思っています。
それがなんだったのか?
癌になってから、よく考えてるんですけど。
まだわからないんですよねえ。

来年は、このメッセージを解き明かす。
これが、来年の抱負です。

来年の今頃、何をしているのか。
ちょっと楽しみになりました。

お世話になった方々、ありがとうございました。
来年もよろしくお願いします。

スポンサーサイト

ドセ 3回目、手術の準備がはじまりました

昨日はドセ3回目の投与でした。
ケモ7回目!
8回で終わりだから。。。。。
あとちょっと!

しかし、昨日はクリスマスイブ。
しかし、私は朝からケモのために朝早くからおでかけ。(病院にね)
朝早い予約にしていただいて、効率が良いのはありがたいのです。
しかし、今回は4時からの乳腺外科の医師の診察が入っていて(手術に向けての診察だと思います)
なんか、中途半端なのです。

9時半に乳腺内科の医師の診察があるので、
その診察は血液検査の結果を見ないと判断できないので、
検査結果は採血してから1時間はかかるので。
8時半には採血が終わらなければいけないのですけど。

4時の診察のこともあり、どうせ、待つんだからとちょっと出遅れてしまい。。。
(とは言っても家は7時15分にでましたけど)
病院に到着したのは8時10分。

採血は8時15分から始まるんですよね。
でも、その前から整理券が配られていて、すごい人数。
私は63番目。。。。。。
おそすぎた。。。。。

採血が終わったのは、8時50分くらいかなあ。。。。。

そうは言っても、10時に診察になりました。やっぱり早いのはいいですね。
診察は5分くらい。

白血球 4300(前回6100,前々回4900)
好中球 2770(前回4560、前々回3260)

前回はグランと打ったあとなので、当然白血球、好中球の値はあがっています。
今回はグラン打たないでの結果なので、低め。
投与には問題ないようですけど、
次回最後のケモは、下がらないようにがんばれ!(と自分の身体を励ます)

しかし、4時の診察は遅いなあ。。。。
と思い、ダメ元で、少し早くならないか聞いてみましたが。。。。
「手術の方は4時って決まってるんですよ!」
とけんもほろろに断られ。。。。。

はいはい。私が悪うございました。と
諦めて、診察室を後にしました。

診察が終わってから、抗がん剤のオーダーが入るので、
1時間以上待たなくてはいけません。
と思っていたら、
なぜか4時に予約の乳腺外科から呼び出しが。。。。。

不思議におもいながらも行くと、
久々にお目にかかる乳腺外科の女先生。
「キャンセルが入ったんで、早く呼んでしまいましたー。時間は効率的に使わなくっちゃ!」
と笑顔のお迎え。
なんだ、できるんじゃん!
いけない、いけない、不満よりも感謝を前面に出さなくっちゃ!
と、笑顔と感謝の言葉を連発し。。。。

そっちの方が、自分自身にとっても得だしね。

先生とはケモが始まる前の8月にお目にかかったきり。
相変わらず、元気な明るい先生です。
前向きに発言してくださるので、私は結構すき。
説明もとてもわかりやすい。
写真を見せながら、変化を教えてくださいます。
内科の先生。数値を口で並べるだけで、
これ、ついていかれない患者さんもいるんじゃないの?
と思っていただけに、外科の先生の説明はありがたい。

しかし、適当なところもあります。
「インフルエンザの注射って受けてはいけないんでしょうか?」
「いいですよー。でも免疫があがっての頃がよくって。」
「ということは、次回のケモの直前?」
「そこはあがってないかもしれないから、最後のケモのあとかなあ。」
「はーい」
「あ!だめ。そのときは手術の検査が入るから、やっぱだめ。インフルエンザかからないようにしましょう」

つまり、だめなのね。
かからないようにがんばります。

最後のケモが終わって、免疫が上がり始めたころ。
つまり、1月の最後の週は、手術のための検査が入るそうです。
検査結果がでたところで、医師の診察。
そこで、手術日が決まるとか。

手術の日取りは、2月の中旬くらいだそうです。

その後、検査の日取りと決めていただいて。
(3日もかかるんですよ。1日じゃ終わらないらしい。ただし、全部午前中で終わるみたいです)

先生の受診が2月3日。この日は家族(家の場合は夫)も参加します。

こんな話がでてくると、
もう、心はケモじゃなくて、手術になってきました。

ちなみに、今日はドセ3−2日目。
まだまだ元気です。
4日目の夕方から調子さがるんですよねえ。
がんばろ。あたし。

ドセタキセルの脱毛状況

ドセタキセル2−21日目
明日は、ドセタキセル3回目の予定です。
よって、今日はとっても体調は良いのです。

今日は天皇誕生日。
とはいっても、日本人でどれだけの方々が天皇誕生日と理解していらっしゃるでしょう?
クリスマスイブイブのお休みと思っている人が多数のような気がします。
かくいう我が家も今晩は、なじみのお店で、クリスマス会。
イブが、抗がん剤って、なんて私は不幸なのかしら?って思ったけれど。
23日が元気に過ごせるからまあいいかと思うようになりました。
でも、正月は文字通り寝正月になるけどね。
今年は喪中だし。。。。

さて、脱毛状況ですけど。

眉毛
は結構、抜けています。
FECでは、あまり抜けなかったのですが、ドセにはいってから、ドセの影響なのか、FECがあとからじわっと来たのか。
どちらかわかりませんが、日に日に薄くなってきています。
もともとしっかりした眉毛で、ほとんど描くことなく、すましてきた私でしたが、
今は描かないと、怖い人です。
でも、元の場所は、わかる程度の脱毛なので、描くのはまだ楽です。
つるつるになっちゃったら、大変だろうなあ。
ここら辺でストップしてくれるといいんですけどね。

まつげ
は、抜けてますが、まだちらほら残っています。
ただ、目やにはあって。
もともとコンタクトだったのを、この機会にとメガネに替えたのですが。
でも結構目やには出ます。
まつげが少なくなった影響でしょうか?
メガネにしたのは良いのですが、今の時期、マスクは必須なので。
メガネにマスクするとあやしいおばさん状態です。
知り合いとすれちがっても、気がつかれないのは楽ですけど。

髪の毛
明日ドセの3回目となりますが。
髪の毛は、FECで抜けてから、その後追加で抜けてないような気がします。
だからと言って、しっかり生えてきたわけではないので、ちょっと自信がありませんが。
桃の産毛みたいのが、全体的に生えていて。
触ると毛布みたいで、気持ちがいいです。

もともと、細くてコシの無い髪の毛で。
今度生えてくる髪の毛がもっと細くて、コシがなくなったら、ちょっと困るなあと思っています。
部分ウィグとか購入しなくちゃいけないのかしら?と思っていますが。
こればかりは、誰も予測できないので、
状況を見守りたいと思います。

いつも通っている美容院の方から、メールが来ました。
毎月来ているのに、突然来なくなってどうしたのかと思っていたみたいです。
乳癌だから行かれない旨を伝えると。

商売柄、なじみのお客さんが乳癌になることもよくあるけど。
1年くらいだと、まだ坊主って感じで。
ちょっと時間かかるかもしれないけど。
待ってますからねえ。
と返事が来ました。

早く美容院にもどりたいですねえ。

でも、髪の毛洗う簡便さはすばらしいですね。
禿げもよいところがあるもんです。

ドセタキセル2回目は発熱がメインでした

ドセ2−17日目

だるいだるいと思っていたのは、13日くらいまででしょうか。
ドセ2回目は1回目に比べると経過は順調でした。

当然、骨髄の抑制はあり、そのつらさはありましたけど。
痛みがそれほど出ないこと、
前回悩まされた吐き気も出なかったこと
また、痛み、浮腫がひどくでていなこと。
で、順調と思えるのだろうと思います。

ただ、今回は、発熱が続きました。
11日目に8度5分!
なんか調子悪いなあと思っていて、計ってみるとあら高熱。
びっくりして、クラビッドを飲みました。

このクラビッドってすごいですね。
飲んだとたんに、熱が下がります。
解熱剤より効果的。
抗生剤を馬鹿にしていた私としては、びっくりです。

このクラビットという薬。
ちょっと前は量が少なくて1日3回だったんですよね。
それが、効果がでるようにって、
1日1回、大量に飲む処方に変わったんです。

なぜかというと、こっちの方が効果がでるかららしいんです。
しかも、心配される副作用も1日3回飲むときとは変わらないらしい。

なら、1日1回ですよね。

膀胱炎とかの時もよく出ている薬だったのですけど。
まさか、抗がん剤の感染予防で出てくるとは思ってもいませんでした。

ただし、抗生剤でこんな飲み方をしているのは
このクラビットだけです。
他は、なぜ、従来の1日3回 小容量なのか。。。。
不思議です。

話は飛びましたが、

ドセ2回目の状況
1日目〜3日目 元気
4日目 夜から免疫低下を自覚 皮膚の調子が低下
5日目〜6日目 免疫低下中 ほとんどごろごろしている
           胸がつまる感じ 胃薬必須となる(セルベックス1日3回)
           指先が痛いような感じがするのでロキソニン1錠→快癒
        (でも、食事や子どもの送迎はなんとかできた)
7日目  37.7℃→クラビット  状況は5〜6日目と同じごろごろ
8日目  36.6℃         検査のため病院に、血液検査で免疫低下中を確認
9日目  37.2℃         まだまだ免疫低下中。症状も5日目から6日目と同じようなもの
11日目 38.5℃ →クラビット 発熱が最高記録。 症状は、変わらない。
12日目 36,9℃ →クラビッド すこしずつ調子があがってきている感じがする
13日目 37.7℃ →クラビッド 発熱はあるけれど、体調はあがってきている。
14日目 36.5℃          ぐんと元気になり。復活を実感。
15日目                検査で病院に、帰りに自由が丘でお買い物 楽しい!
16日目                動きもスムーズに。普通の生活ができる。お風呂の大掃除に精を出す
17日目 37.2℃          元気 窓ふきに精を出す(と思ったら、微熱があるっぽいので、ちょっと反省。)

次回のドセ3回目の投与はなんとクリスマスイブ!
今回の状況を考えると、お正月は寝正月になりそうです。
喪中なので、何の用意も必要ないのですけど。
年末の年越しそばは美味しく食べたかったなあと。。。今から残念がってます。

とはいえ、抗がん剤もあと2回。

免疫低下に伴うものは&グランを打つ目安

ドセ2回目ー9日目

今回は、吐き気は起こらず。
ちょっとご機嫌。
7日目に37.7度の熱がでて、胃の圧迫感があったのですけど、
8日目は熱も下がり、夜には胃の圧迫感がなくなり、かなり元気に。

ただ、味覚障害は続いていて、これがちょっといらっとする。
でもFECの時のような臭覚障害はないし(なんかいろいろな物がくさいのです)
その点ではドセの方が楽かなと思います。


ドセで特徴的な副作用は痛み、浮腫ですけど。
今のところ、それほどひどい痛みも浮腫もありません。
ただし、これは回数を重ねると重篤になってくるらしいので、安心はできないのですけどね。

ドセを打って4日目の夜あたりから、ぐんぐん免疫が落ちてくるのが
自覚できました。
あー免疫落ちてるな−。
って、感じです。


これはFECよりも強い感じです。
FECの時は免疫落ちるのを自覚することはありませんでしたから。
ドセの時は、本当によくわかります。

免疫が落ちてきて、始まるのは、
唇の皮がむけること。
それと口角炎かな。
今回は腕とか足とか、あとお尻とかももかゆくなったりして、瘡蓋ができました。

皮膚の炎症って、免疫低下でもでるんだって初めてわかりました。

免疫があがってくると治るんですよね。

現金なもんです。

昨日1週間目の血液検査をしました。( )の数字はドセ1回目から1週間の数値です。
このときは本当に体調悪くって、グランを打たれました。
白血球数 1100(1500)
好中球数  510(890)
単球割合  7.8(10.1)
CRP    0.67(3.87)

と言う結果。
医師曰く、
まだ、数値が下がるかもしれませんけど、今日はグランはいらないですねえ。
とのことで、そのまま帰されました。

上の数値をみていただくとわかると思うのですけど。
前回より今回の方が数値悪いんですよね。
ただ、CRPだけ前回はものすごく悪い。(0.5までが正常値ですから、3.87は異常)
単球も7.8ってことは正常範囲。つまり、まだまだ免疫さがりますよーって言っているようなもん。


でも、グランはなし!

なんでだろ?

私は単球の割合を見て、注射を判断するのかと思っていましたが、
どうもそれだけじゃないみたいです。

前回は、CRP以外はそれほど数値悪くなかったけど。
本人はものすごく体調わるそうだから→ 打つ!

今回は数値はよくないけど、
CRPあがってないし
本人元気そうだから→打たない

グランもがんがん打ちたくないし。
元気そうだからまあいいか。
って感じみたいです。

FECは、免疫が低下するのが2週間後でしたが、ドセは1週間後でした。
よって、上がるまでちょっと余裕があります。
白血球がんばってあがってね。
次回7回目のドセははクリスマスイブです。

ドセの吐き気は副作用じゃありませんよーと言われました。

ドセタキセル2回目ー6日目

1回目のこの頃は、なんかもう体調悪くって、寝込んでいたような気がします。
このあと3日後から吐き気がきて、大変で、飲み忘れのイメンドのんでやっと人間らしい生活を取り戻したのでした。
はい。

今回、2回目は。
とにかく、無理しちゃいけないって、自分に言い聞かせて、身体の調子を聞くようにしています。
もともと、適当にしてれば治る!っていうお気楽な性格と身体なもので、
少々の無理は大丈夫!と思い込んでいるふしがあるので。

土日も、しずーかにしずーかに過ごしました。
とはいっても、夫も息子もいるので、
あれがない
とか。
これをしたい!
とか。
言って来て、落ち着かない。
しまいには、寝ている私のところに夫が来て
「(息子が)歯が抜けそうっていってるんだけど」
と相談にやってきて。
幼稚園ならわかるけど、もう4年生だよ!
適当にやるでしょ!
と思ったが、我慢して(夫も結構がんばってるんで)
息子のところに行ってみると、
一人でひっぱってました。
抜けたら、入れ物に入れて、
抜けたよー
と見せてくれて。
心配しているのはお父さんだけでした。

さて、日にちは戻りますが、前回は本当に吐き気に悩まされました。
ドセタキセルって、吐き気弱いって聞いたのに、これは何?
と思うほど。
FECの時だって、こんなにひどくなかったよー。
と思うほどのひどい吐き気だったのですが。

ドセ2回目の時の診察時。医師に訴えました。
もうどんなに大変だったか。
ドセ大変じゃない!吐き気!って。

そしたら、若いおねーちゃんの先生。
「それは副作用じゃなくて、胃腸炎かなんかだと思いますねえ
吐き気おこるなら、当日とか次の日ですから」
とかるーく言われて。
胃腸炎って、お腹痛くなかったし、吐き気だけだったけど。。。

でも、ここでお医者さんと素人が戦っても仕方がない。
とにかく、次回の対策として、吐き気止めが欲しいと訴えました。
それもイメンドが欲しいと。。。。。

先生は、かるーく
「次回は大丈夫だと思いますけどねえ。」
と言ってくるのですけど。
あのね。大変だったの。
イメンドなかったら、私どんなになっていたか。
わかる?
って、言いたかったのですけど、相手はお医者さん。

「お守りでいいので、イメンド1錠だしてくださーい」

とお願いしたら。
あっさり。と言われました。

「イメンドはドセタキセルでは保険おりないのでだせませーん。
カイトリルっていう強めの吐き気止めだしときますからね。吐き気でたらそれ飲んでください」

カイトリルも抗がん剤の時に効果のでる、吐き気止めのようです。
イメンドと作用は違いますけど、結構強そう。
効果がするでますよー。便利ですよー。
と、あとから、薬剤師さんが言ってましたけど。。。。。

医療関係の方々の意見をまとめると

今回の吐き気はドセタキセルの副作用ではない。(出方が遅すぎる)
免疫が落ちて、胃腸炎などの感染症(?)を併発した。
それで吐き気がでた。

とのことのようです。

その見解ちょっとふまーん
と思ってたんですけど。

ちゃんと言うこと聞いてみるか。
と思って、今回(2回目)はかなり気をつけています。

確かに、自分の身体を聞きながら生活していると。
ドセタキセルの免疫の下がり方は
FECよりもずっときついような気がします。

しかも、投与直後は調子はよくて、普通の生活ができるのですけど。
4日目の夜あたりから、どーんと下がってくる。
自分でもわかります。
唇の薄皮がびりびりとはがれることから始まって、
身体が重くなる感じ。

これがきついからと、毎週投与にされる患者さんも多いらしいのです。
(私は、体力ありそうだし、まだ若い❤から3週に1回にしますとの医師の説明でした)

ドセタキセルの難関は、痛みとか浮腫とか、しびれだと思ってましたけど。
今の私は(あくまで今です)
免疫低下なのかもしれません。

インフルエンザもはやってるし。
気をつけなくちゃ。

抗がん剤の日は 早起きは三文の得です!

ドセ2−2日目

前回もそうでしたが、まだ、副作用もでなくて、元気です。
ドセ1回目は、初めての薬ということもあり、緊張感で始まり、ひどい吐き気で体力も気力も失い。
読書する元気もでず、テレビ三昧の日々でしたけど。

久々に、読書もでき、調べ物もできて、
あっと言う間に午前中をすごしてしましました。
やば!もうすぐ息子が帰ってくる!
家の中、ごちゃごちゃ。
しかも、夫が海外出張から帰って来る日だ!

と、いいながらプログを書いている。私。
心はあせってますけど、行動はまだまだ余裕。

さて、昨日、ドセタキセル2回目に行ってきました。
吐き気で悩まされた1回目。
絶対今回はイメンドもらうんだ!と勝手に息巻いて。
元気よく、出かけました。

今回はちょっと変更点があります。
予約時間を早くしてもらいました。

抗がん剤投与の前には、
朝一番に血液検査をして、お医者様の診断をして、
大丈夫と判断し、抗がん剤投与になります。

つまり、検査をすれば、検査の結果を待ってからお医者様の診断になるので。
この間1時間。
お医者様の診断もずるずると遅れるので(あんな3分診療なのに、なぜあんなに遅れるのでしょう?)
結局、医師のOKをもらうのに3時間近くかかります。

そこで、やっと薬の準備が始まって。
準備に1時間。
で、すむわけがなく。
大体、2時間近く待つ。

そこで、やっと抗がん剤投与。

朝、9時過ぎに到着しても、抗がん剤投与は午後の2時くらいから始まって。
なんだかんだで、病院でるのは、夕方4時は絶対に過ぎるのです。
病院も遠いので、帰宅は6時くらい。。。。

ながすぎ。

小4の息子、かえってきてしまう。
一人息子の母としては、息子の心が心配で。
それでなくても、元気いっぱいだった母が、あれよあれよという間に
病気になり、髪の毛は抜け、床に伏す時間が長くなる。
元気は元気なんですけど、それなりに心は折れてるはず。

できるだけ折れさせたくないって思いが強くって。
いつもの抗がん剤投与は、
夫が会社を早退して、息子が帰る時間には家にいるようにしてくれていたのです。

しかし、8回の投与の間には、いろいろなことがあります。
今回は、なぜか、海外出張。
めったにない海外出張。なぜ、この時期にと思ったのですが、
海外から、早退しろとは言えません。いくら私でも。

それならばと、予約時間を早くしてもらえばいいじゃない!
いつも10時10分と決まっているみたいだけど。
もうすこし早くしてもらえないかしら?
と、遠慮がちに(ほんとよ)しずしずと、先生にお願いしてみました。

先生、あっさりと、
「あー。大丈夫ですよ。血液検査の結果が早くでれば、もっと早くでもいいし。」
と軽く了承。

なんだ。簡単なことだったんだ!
もっと早くお願いすれば良かった!

で、今回は、早めに行くことに。

なんでも、血液検査は8時15分から始まるそうです。
家を7時15分にでて、
(ご飯をつくって、おばーちゃんを別室から呼び、8時に出かける息子の世話を頼み)

病院8時10分到着。そのまま血液検査。

血液検査会場、混んでる。。。。

番号は18番。

(受付の人に聞くと、7時半くらいから整理券配ってるそうです。そうすればもっと早くできますよー。だそうです。)

結局、血液を採り終わったのは、8時40分位。

そこから、医師の診察を待つ。

9時半の予約が10時過ぎによばれる。

すぐ終了(医師の診察の内容については、別のときに)

OKがでて、薬ができるのを待つ。

11時半、薬の準備がまだですけど、席は確保できました。とのお知らせをもらう。

さっさといくと、席に案内してくれて、手をひやす準備をして、針をさして、薬を待つこと10分くらい。

12時くらいに抗がん剤投与開始。

1時半終了
2時 病院をでる。
3時半 家に到着(帰りに買い物して、昼食たべたので、遅くなった)

4時 息子帰宅。

朝、1時間早くでるだけで、3時間くらい早くすべてが終わる。

なんといっても、病院に余裕があるのです。
夕方、疲れた表情の看護婦さんを見慣れてたのに。
昼の看護婦さんはとても元気。
気のせいか、まめまめしくしてもらえるし。
帰りの電車もすいてるし、
なんか抵抗ある病院での昼食も回避できる。(気持ちが憂鬱になるんです。気が小さいもんで)
ちょっと遅い、昼食になりますが、外の好きなお店で食べられる。

早起きは三文の得

実感しました。

でも、後半になって、気がつかず、
もっと早くに気がつけば良かった。

これから投与する方々。
朝はつらくとも、早く行けば、いろいろ楽になりますよー。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。