にこ乳がん記録帖

このプログを書くにあたって

今の私は、まだ告知されただけで、治療も始まっていません。
予定としては、術前化学療法(6ヶ月)、手術(2月くらい?) ホルモン療法(5年から10年?)が決まっていて、もしかしたら放射線療法も入るかもしれない。その程度しかわかっていません。
乳がんになった友達は、周りに数人いました。
化学療法をしてつらかったことなど聞いてはいましたが、全く知識がなく、気の利いた言葉は全く出てきませんでした。
でも、その友人たちはそれを乗り越えて今も元気に仕事をし、人生を楽しんでいます。
だから、乳がんは治るもの。ちょっと大変なことはあるけど、治るんだ。
今思えばお気楽な乳がんの知識しか持ち得ず。私には関係ないと思っていました。
遺伝的にも癌の家系ではないし、何より私は健康には自信がある。とよくわからない乳がんにならないという自信があったのです。(お笑いものですが。。。本当にそう思っていました)

しかし、ある日突然、癌患者になってしまいました。
いったい自分はどうなるんだろう?
人間先の道がわからないと、不安が不安を呼び起こします。特に私はそうでした。
予定表も先の予定を決めて記載しておかないと心配で。予定表を埋めることで、安心感を得ていた私にとっては、来月からの、いや来週から何をどうすれば良いのかわからず、途方にくれていました。
病院では、簡単に治療の予定を教えてくれ、「がんの治療」の冊子を渡されて「これを読んでおいてくださいね」と笑顔でわたされましたが。わかるようなわからないような。
まず、頼ったのが乳がん経験者の友人でした。職場も違うし住む場所も遠いので、Lineでのやりとりでした。
これから先どうなるのか。化学療法はどれほどつらいのか。脱毛は絶対するの?聞きたいことは山盛りでしたが、その友人は簡潔に的確に教えてくれました。ちょっとこれで安心しましたが、一つわかるといろいろとわからないことが増えています。
しかし、一人の友人にメールのやりとりだけで詳細に聞くことには無理があります。

そんなときに、助かったのが先輩方の乳がんプログです。
よくプログは、間違った情報も多いから読むべきではない。という声も聞きます。確かに読んでいてかえって不安をあおってしまうものもありました。ただ、その中でとても有益で、しかも励まされるプログも多く存在しました。
それを読みこなすことで、先の道が見えてきました。

ただ、乳がんの治療はものすごいスピードで進んでいるようで。
あまり古いもの(5年くらい前のものでも)では、今の治療方針と違うような気がしました。
よって、とても参考になるものは近日のもの。
ありがたいことに、私は昨年乳がんを告知されたプログでステキなプログを2つ見つけました。
このお二人のプログのおかげで、どんなに助けられたことか。

ありがたいと思うとともに。
自分自身も誰かのお役に立てたらとも思いました。

乳がんにかかる人は日々増え続けています。今では14人に一人の割合でかかっているとか。
乳がんにも色々なタイプがあり、手術だけですむもの、化学療法が必要なもの、化学療法もタイプによって薬も変わってくるようです。

ただし、当然のことながら、私は専門家でも何でもありません。
ただの乳がん患者です。
このプログの中で間違った情報もあるかもしれません。

でも、それでもお役に立てるのであれば、どうぞこのプログをお使いください。
一緒にがんばりましょう。
                                             2014年7月28日 暑い日の朝

スポンサーサイト