にこ乳がん記録帖

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歩くと痛い

リンパ浮腫予防のために通っている全身マッサージ。
腕だけでいいんですけど。全身のプログラムなんで、毎回全身やってもらってます。

子どもも受験でさぼりがちだったマッサージもやっと落ち着いて受けられるようになりました。
でも、マッサージの方が言うんです。
「腕は問題ないんですよー。でも足の浮腫がすごくて。」

私、はんぱじゃない足の太さで、ふくろはぎとかも太くて、ロングブーツも入らないんです。
普通のはむり。探しまくればあるみたいなんですけど。
そこまでして履くのも面倒と思い。
ロングブーツ買ったことないんですけどね。

マッサージ初めて、最初に言われたのが
「ロングブーツはけますよー」
と。

しかし、もう1年半くらい通ってるけど。
そんなに細くなったとは思えない。

それどころか。
ちょっと長い距離あるくと足が痛くなるんです。
指の付け根が。
靴が悪いのかと思い、楽なくつはくんですけど。
それでも痛くなる。

1年前は、歩いてると身体の方がつらくなるから休んでたんだけど。
今は身体は元気で動く気満々なのに、足がだめ。
で、這々の体で帰るでしょ。
帰っても疲れがぬけない。
というか足が痛くて。

痛いと全身やられて。

めちゃくちゃの夜になるのです。

だから出かけるのも嫌になり。
運動不足。

よくないなあ。
どうにかしなくちゃなと思ってるんですけど。

癌になる前も足は痛くなったけど、こんなに痛くはならなかった。
やっぱり癌の病気がなにかしら関係してるんじゃないかと思って。

思いあたることと言えば。
ケモやって、足が痛くなったこと。
蒟蒻の上にのってるような、歩きにくい状態。
やった方はわかるでしょうが。

見た目にはわからないでしょうけど。
動き初めはいまだに歩きが変です。
筋肉が固まってるって言うか。

ホルモン剤も飲んでいるのでその副作用もあるのかもしれません。

それで歩きかた変わってるかも。

インターネットで調べてみると
外反母趾とか浮き指とか。
ちゃんと指で身体をささえられてないと、痛みがでるとか。
確かに、後ろに重心かけて歩くことが多くなって、前の指の筋肉つかってないかも。

そういう人のためにとかいうソックスが売っていて。
早速かってしまいました。
力をいれられるようにしてくれるらしいです。
本当はテーピングして歩けばいいらしいのですけど。
毎日テーピングは大変なので、そういうソックスが売り出されてる。
本当にこれがいいのか。
わからないけども。
まあ、やってみるかとはいてます。

ストッキング用とかいうのもあるから。
どこに行くのもできそう。

ケモが原因なら、そのうち抜けるかもしれないけど。
ホルモン剤は、ホルモン強陽性の私にとっては、どうしても抜けない。
こうやってごまかしごまかし補強していくしかないのね。

面倒だけど、ちょっとおもしろそう。
また報告しますね。

スポンサーサイト

2年検診結果&腫瘍マーカー

2週間前に検査した血液検査とマンモグラフィーの結果を聞きに行きました。
前日、息子の卒業に関して学校とPTAが行う感謝の会があり、委員もやり、演奏もやりとメチャクチャ疲れた状態でした。しかもまだ興奮覚めやらず。頭の中を演奏した音楽が流れている状態での病院到着。
病院のドアを開けたとたん、空気が変わります。
あっ。そうだ、ここは、ガン患者さんがいっぱい。

緊張する必要性はないけれど、浮ついた気持ちを落ち着かせなくちゃ。と、気持ちをリセット。

半年に一度の先生とのご対面。
この機会に聞かなくっちゃと考えても
大したことは出ず、思いつかないまま呼ばれ

診察室へ。
いつもの笑顔のステキな先生です。
まず、血液検査の結果。
「マーカーは異常ないですが。肝機能が少し高いし、コレステロールも高めですね。食生活など生活のなかで気をつけてくださいね。」


γGTPが32が上限のところが50
GPTが23が上限のところが26
(GOTは30上限で28)
総コレステロールが219が上限のところが234

「これは、年齢のせいですかねぇ」
先生はくすっと笑って答えました。
「皆さんそういう答えにしたがるんですけどね。確かに年齢で上がりやすい傾向にはなってるんですけど、それに対処しないと上がる一方になるんで。対策が必要なんですよね。」
はい。お酒もかなりかなり控えているんだけど。まだ肝臓には負担なのね。
気をつけます。

肝心の乳がんについては、さらっと。
「石灰化の部分も変わりなく。このまま大人しくしていてくれれば良いですねぇ」

とにかく、食事に気をつけなくては。。

大した質問もなかったので、
診察室に入るときに目に付いた張りについて質問してみました。
張り紙には、術後5年までの人の検査は
半年から一年の間に1度、マンモグラフィーか、超音波の検査をする。腫瘍マーカーの検査(血液)もしない。
とのことでした。
(5年以降のことも書いてありましたが、忘れたー)

つまり、骨シンチとかCTとか腹部のエコーとか大きい検査が無くなるのは以前の検査の時に知っていましたが、今度は腫瘍マーカーまで。
肺や肝臓に転移した場合は?どこでわかるの?

「市町村の検査で結構わかるもんなんで。腫瘍マーカーで転移がわかるもんでもないんですよね。」

要約すると、普通の健康診断でわかるから、病院ではやらないわよー。乳房検診だけは半年に一度やってあげるわよー。それだけよー。

ってこと。

だから空いてるんですかね。
先生の診察がこんなに早いなんて今までなかった。
見つけるのはそとで、見つかったら専門病院へ。
まあ、それで癌患者さんへのフォローが手厚くなるのはよいんだけど。

それなら、薬もらうだけにくるとかも、減らしてくれるとありがたいんだけどなぁ。
薬180日処方にするとか。

とにかく、無事2年クリアしました。
めでたい。

いつもこういう時は、ちょっと都会にでてご機嫌になってるんですが。
今回は疲れてて。
家の近くのデパートで、切らしてたファンデーション買って、お化粧の仕方習って、それだけでご機嫌になって帰宅。

今日も早くねよっと。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。