にこ乳がん記録帖

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いまどきの体重計

ホルモン剤を飲んで2年半が過ぎました。
ホルモン剤飲むと太りやすくなるんですよね。

でも私はアリミデックスで。。
こっちは骨粗鬆症の危険はあるけど、太りやすくなるという副作用はないはず。

なのですけど。

最近太ってます。

3キロくらい。。。。

やばい。

閉経後はホルモンが出るところが変わるそうです。
脂肪からでるらしい。
よって、太ると脂肪が増えるってことなので。
再発の危険が高くなる。。。。

だから、太るのはいけないのです。

しかし。
太ってる。。。

食べなきゃいいんです。
でも。すぐ間食してしまう。。。。

で、なんとか対応策をと。

かなり変な話ですが。
体重計を変えてみました。

いままでの体重計はものすごく安くて。
針がびよよよんと動く昔のタイプ。
いまひとつ、正確な体重がわからないのです。

だから。今度はデジタル表示のにしよう!
と、これまた肥満に困っている夫と買いに出かけました。

体重計っていろいろあって。
値段もすごい。
1万円をゆうに超えるものから
2000円とか1000円台とか。

高いといろいろ機能がついています。

スマホと連携してグラフを描いてくれるとか。

そこまでいらないし。

初めはデジタル表示で小数点第一位がでればいい。と思っていた私たち。

色々みてるうちに、ちょっと気が変わって。

結局。決めたのが。
パナソニックの5000円くらいのもの。

肥満度とか必要カロリーとか、骨密度とかもいろいろ出してくれます。

しかも、スイッチオンオフがいらなくて。
乗れば勝手に体重をはかってくれて、他の値もだしてくれる。

何よりすごいのが。
家族それぞれのデーターを入れる(身長とか生年月日とか)と。
乗ったとたん、それがだれかを検知して(前回の体重とかを参考にしてだしているらしい)
勝手に記録して記憶もしてくれる。

なんて賢い!

人間はただ、はだしで(靴下はぬがないといけません)乗るだけで、いい。

ときどき、過去の値のところをのぞいてみると、前回の値と1週間、2週間前の値もだしてくれて。
体重がどんな変化をたどってきているのか。わかる。

すごい。。。。

あまりの賢さに。楽さにうれしくなって。
朝晩かなり頻繁に乗っています。

乗っているだけでは減らないけれど。
意識が変わって体重が減っていくらしい。。。

という噂を耳にしたので。。

がんばってみます。

しかし。今時の体重計。
すごい。人間を楽させるようにものすごい変わっている。。。。

スポンサーサイト

術後2年半検診とその後のこと

すっかりすっかり久しぶりになってしまいました。
2ヶ月近く空けてしまった。。。
その間、息子のテストやら、夏休みやら。
忙しいというよりもきぜわしく、なかなかプログを書く気持ちにならず。
いけないいけない。

やっと余裕がでてきたので。
書きます(笑)

ほんの2週間ほど前ですが。
2年半検診にいってきました。
2年半検診は、血液検査とマンモと超音波。
検査日から1週間以上あけて、担当医から結果報告があります。

いつものことながら、なんか嫌です。

再発って3年以内が一番多いらしいのです。
大丈夫だろうなあと思っていても、突然告知される可能性は十分ありますから。
これは体験しないとわからないものですよね。

その1ヶ月まえに、入院中一緒で、担当医も一緒だったお友達から、
「大丈夫だった!」という報告メールが来ていて。
私もそれに続きたい!と思いながら。どきどき。。。。

で、大丈夫でした。
しかも、今回は血液検査もオールクリア!
治療を始めるまでは、オールクリアが当たり前だったんですよね。
でも、治療はじめたら、どこかしらひっかかり。
まあ、ケモやってるんだから仕方ないか。と思っていたんだけど。
術後も続く H の文字。

それが、今回の2年半はすべてクリア。
担当の先生と二人で拍手をして。ご機嫌。

で、終わりかと思ったら、先生一枚の紙を持っていて、
「次回、3年の検診が終わると1年ごとの検診になります(今までは半年ごと)その間、薬をもらいにくるのは大変でしょうから、近所の病院でもらうようにしてください。この紙に書いてある病院でも、近所の病院でもどこでもいいですので。」

紙には東京、神奈川の病院名が50カ所くらい書いてありました。
乳腺外科というわけではなく、総合科のような病院もあり、とにかくいろいろです。
ここの病院に行く場合は紹介状を書いてくれるとのこと(近所の内科だと書いてくれないのかしら?)

薬は最大90日まで処方できます。それ以上だすことはかなりの理由が無い限り不可能です。
その薬をもらいにいままでは、手術した大きな大きな病院に行っていたのですが。
今後は、病院に来なくてもいいですよ。近所ですましてね。
1年に1回検査のときだけ来てください。
ということらしい。。。

患者としては楽です。
薬だけもらえばいいんですから。
病院も、ものすごく混んでますから、混雑緩和のためにはそれがいちばん。

はじめは、風邪引いたとか胃腸の調子が悪いときに時々いく内科にお願いしようと思っていました。
歩いて数分だし。これは便利とおもっていたのですが。

ちょっと考えてみると。
それでいいのか?私?
と思うようになり。

3年のあとは4年。そのあとは5年。
で、その先は多分、調子が悪くなりまで(つまり再発するまで)近所の乳腺外科で検診するように言われるんだと思います。
それは私がもう、再発の危険が低くなったから、っていうことなのかもしれないけど。
それはあくまで数字的なもの。
私は、なんたって、リンパ転移が5個以上あった人ですから。
再発の危険は高いんです。

早く見つければいいんだって話はないらしいですけど。再発は。
じゃあ、別に適当にすればっていう話では、無いと思うし。

なにより、ちゃらんぽらんな私が、ちゃらんぽらんなことやったら、何がなんだかわからなくなる。。。

と、色々考えて。
3年を無事通過した場合は、遠くない程度の乳腺外科で、きちんと診ていただく。
ということにしました。

色々調べると、個人の乳腺外科も色々あって、
術後のケアを目的に病院を開いているところもちらほら。

病院の説明を読んでいるうちに、こっちの方がいいなと思うようになりました。
いざというときは大病院ですけど。
それまでの間は、個人の病院で経過をみていただく。
もちろん、検診の腕が低ければ、だめですけど。
その腕が高ければ、大病院でぱっぱとみてもらうよりもいろんな意味で良いような気がするし。

ということで、次回先生と会うときは、個人病院に行く旨を報告しようと思います。

大病院から個人病院への連携。
日本人は、とかく大病院にいきたがりますが。
それはそれで、理由があります。

でも、私のように5年以上、10年は治療が必要な患者を大病院がずっとひきうけるのは大変で。
で、大病院が丁寧にケアしてくれるかっていうと、近年かなり????な感じがしているので。
(検診内容がものすごく減らされてるので。)
世の中がそうであるなら、そうで、次の手を考えるしかない。

でもなあ。
そういう説明がものすごく足りないんですよね。
手放すよ!と叫んで、あとは自分でがんばって!って感じで、1枚病院リストを渡しておしまいって。
なんか、ちょっとなあ。と思うんですよね。
リンパケアの時も、「浮腫に気をつけてくださいね!」って、冊子わたされて、おしまい。

検診を簡略化するのもわかるけど、それに対するケアが、全くない。
ちょっとこれ問題なんじゃないかなあ。。。





スイッチは自分から

術後2年半

明日から息子も夏休みに入ります。
告知された3年前の夏休みは。とにかく大変だったなあ。と思うのですが、
いまひとつ思い出せません。なんででしょう。


先週の土曜日は予定がたてこんでいました。
朝8時に家をでて、チェロをもってオーケストラの練習。
12時まで練習して。1時に帰宅。
それから息子の帰りを待ち、息子の友達親子とランチ。
しゃべります。食べます。
5時過ぎに解散して、夕食の食べ物(私はおなかいっぱいでしたが息子は夜食べるというので)を買って
帰宅。
7時からマンションの理事会で、またしゃべる。

終了は9時で。
帰ったら息子に遅めの夕食(5時頃まで食べ続けたんですから、食べれるのか不思議でしたが、ちゃんと食べてる)
で、1日終了。

この予定、事前にわかっていたので、どれかをカットしようと思っていました。
身体がもたないと思ったので。全部は無理と。。。。

一番断りやすいのは、オーケストラの練習ですが。
行きたいし。。。。

友達との約束を延期してもらう。。。
息子楽しみにしてるし。。。。

理事会は、
無理です。体調不良以外は休めません。
なんていったって自宅のマンションですし。。。

で、全部強行することにしました。

次の日は日曜日で予定がないから、ゆっくりできるし。と思って。

そしたら、オーケストラの練習に行ったら、
「明日このコンサートに出るんだけどよかったら」とチケットをいただいて。
まあ、前日に渡されたチケットですから、渡す方も期待はしていないのでしょうけど。
もらった人たちが、
「行こう!」とえらい乗り気で。
さすがに強行日程だと思って。
「まだわからないけど。。。。行けないかもしれないけど」
行けなくてもいいからという条件(?)でチケットいただき。。。。

で、土曜は予定通りの強行軍。

強行軍と言ってもね。
みんな座り作業ですし、遠いところに行ってるわけでもないので。
普通なら楽勝と思われるのでしょうが。

あんまり予定入れないようにして、大事に大事に過ごしてきた私としては
ものすごい強行スケジュールで。。。

大丈夫か私?

って感じで、とにかく土曜日の夜を迎えたのですが。

元気です。

ほんとに元気。
で、ばたんと寝て。
次の日は爽快。。。。。

ということで、誘われたコンサートも行き。

元気もらって、帰りはぐうぜん会った友達をお茶して。しゃべり。。。。

元気に帰ってきました。

予定をこなしていくなかで(こなすというすごいものではないですけど)
スイッチが入ったのがわかりました。

これ、何度か書いたのですが。
このスイッチが入ると、元気さがパワーアップするのです。

ここ1年くらいスイッチ入らなくて。

で、いままでのスイッチは、ぼーっと大事にすごしていたら、突然入るスイッチだったのですが。

今回のスイッチは

エンジンは自分でかけてたら、スイッチが入って回転数あがった。

って感じの+αのスイッチだったんです。

なるほど。。。。

大事に大事にくらしてる時間は終わった。

日頃からエンジンかけて、暮らすようにするように。
ちょっと忙しい生活のほうがもっとよくなるよー

って感じのお知らせのような気がします。

2年半もかかってるんだから、何を今更と言われそうですが。

私のペースでは、そろそろ大事に過ごす日は終わりかな。
と自覚しました。

もちろん、むちゃくちゃな生活はありえませんけど。
ちょっとがんばる生活もありなんじゃないかと。

ということで。

ペースあげていこうと思います。

調べれば調べるほどややこしく

丁度2年前に終了した放射線治療。

放射線の治療後は、一般的にCTとか胸部X線で、放射線肺炎のチェックをします。
たいがい、1回のX線チェックでOKになるらしいのですが。
私は、ちょっと治りが悪くて、なかなかもとに戻らない。
で、なかなか放射線科が卒業にならなくて。

ということで、乳腺外科とはべつに放射線科も通っていました。と言っても、検診と同じ日にしてもらって、そのついでにって感じですが。

で、CTとか調べていたのですが。
去年の8月末。
副腎嚢腫の疑いありとかで、ひっかかり。。。。

もともとあるのか、どんどん成長しているのかで対処の方法が変わるとかで。
今年の4月に再CTとなりました。
成長していないのなら、経過観察でいいということでしたが、成長しているなら、手術の可能性もあるとかで。。。。
もちろん、痛くもかゆくもありません。

結果的には、変化なしということで。
副腎は終わりになりましたが。
先生浮かない顔。

肺が。。。。

えー。

非結核性抗酸菌症の疑いありとか。。。。

今度は、肺ですか。。。。
放射線肺炎は、治ってるのだそうです。でも違う部署が。。。

X線ではわからないくらいのレベルだそうですが。
CTではうつってて。去年の8月よりもあきらかに憎悪してるとか。。。。
これはほっておけないから。と先生。

病院行ってね。。

と言われ。(今行ってる病院は癌しか受け付けませんから)

紹介状を書いてもらい、また病院へ。

で、検査検査。
肺炎といわれてもね。
咳も痰もでないのですが。

痰をだせと検査をして。
CTをして。X線をして。

で、何が問題かって。
たとえこの病気であることが確定したとしても。
決定的な薬がないんだそうです。

7割くらいの人しか効かない。

でも、7割効くならいいじゃない!と思ったんだけど。
効いても、炎症が少なくなるだけで。完全には治らない。
で、また数年すると8割の人が再発して。。。。。。

どうする?

と聞かれてもねえ。

症状ないし。

ということで、半年後にまたCTをとって、その状況が悪かったら、薬を飲もうということになりました。
薬も3種類 2年半とか。
えーって感じです。

免疫がさがって、感染した可能性が高いから、免疫あがって、自然治癒する場合もある。

って話も聞きましたので、それを期待しているんですが。。。。

悪いところみつけていただけるのはありがたいことなんでしょうけど。

どこまで、ありがたいのか。
よくわからなくなりました。

なにより、病気だって言われたら、免疫さがるし。。。。
なんか面倒です。

足の痛みその後のその後

なんだかんだ言いながら、足の痛みは気になるので。
シューフィッターさんのいる靴屋さんに行ってみました。

即座に足の状態を見ますといって、裸足に。
足の大きさをはかり、状態を見て、
最後に裸足であるいてみて。。

シューフィッターさん即答。

「足ひきずってあるいてるから。」

足首つかわず、ずるずると歩いているらしく。
足の形はそれなりにいいのに、筋肉使わず、筋肉できず。
で、中指、薬指の足裏に負荷がかかりすぎて。
痛みがでる。

筋肉できないって言う考えは、ネットでしらべてわかっていて。
それで靴下じゃテーピングじゃやってみたんだけど。
なんか、嫌で(命がかかわらないと、すぐやる気がでない。悪い癖)

でも、その筋肉できない原因は、あしをひきずって歩くかららしい。。

じゃあ、歩くとき足首を使って、あるけば。
筋肉できるかな?

という単純な考えで。歩き方変更中。

ちょっと高かったけど、歩き方の補強ができるインソールもそこで購入してみて。
(さすがにそこまでアドバイスしていただいて、タダ逃げはいけないしね)
靴にいれて、歩いてます。
足首あげて。

そんなに歩いてはいないんですけど。
今のところ、以前起こっていた激痛はおこってない。

いいんじゃないの?
と思ってます。

歩く距離のびれば、いろいろいいことが待ってるしね。

気に入ってる足指体操、グーちょきパーも継続。
ついでに、つま先立ちして、ゆっくりかかとをおろす という体操も取り入れました。
どっちも気に入ってるので、続けられそう。

やってみます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。