にこ乳がん記録帖

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

術後2年検診は簡素化

息子の入試も終わり、あわあわしている間に2年検診の日が来ました。
病院に行く日は、予約時間もあり、息子が帰ってくる時間も考え。。という感じで毎回慌ただしいのですが。
今回は、予約したものの
「9時から4時までの間に来てください。」
と、物凄く寛容で。。
前回も書きましたが、定期検診の内容が簡素化されたのです。
術前に病院から頂いた資料によると2年検診は検査項目が沢山ありました。骨シンチとかCTとか。
検査の時間があわなくて2日にまたがって病院に来なくちゃいけなかったり、待ち時間が長かったりしたのでしょうが。。
今回はマンモの撮影と血液検査。
他臓器に転移している場合は、わかるんだろうか?
血液検査だけで。。。
楽なのは歓迎だけど、なんか簡略化しすぎていてかえって怖い。
と、思ってる間も無く、検査は終わりました。
どこも並んでないので。
病院所要時間20分弱。
結果は2週間後です。
簡略化されたとはいえ、結果は怖いので、
またドキドキの2週間。。
帰りはタイ料理食べて帰ろ〜

スポンサーサイト

リンパマッサージ復活

術後6ヶ月ごろから、リンパマッサージを続けています。
月に1回か2回。だいたい2ヶ月に3回くらいのペースで。
手術したところだけでなく、全身をやっていただいているので、いい気分。
時間的には2時間半!もかかるし、お値段もそれなりに高いので時々う!っと思うのですけど。
今は必要なときだからと思って続けています。

息子が中学入試をすることになって、直前の12月から1月はマッサージをお休みすることにしました。
マッサージくらい通えるだろうとは思っていたのですが。
時間もとるし、なによりそれどころの気分ではなくて。

ストレスはガンに悪いと言われますが。
子供の入試の方々はどうしていらっしゃるのでしょうか????

一人息子の中学入試は、初めての体験で。
で、出来はことのほか悪く。。。。
ストレスの連続。
入試は大変!というから、受験勉強が大変なのかとおもいきや。
もちろんそれはとっても大変なのですが。
受験日当日は、ありえない緊張感。。。。。
ストレス満載の1日。。。

幸い、志望校に1日で決まったので、その緊張感は1日で終わったのですが。
受験生としてはとてもとても短い受験生活だったのですが。
本当に本当につかれて。。。

1週間くらいつかれの塊を背負って生きていました。

それがちょっとおさまった頃。
やっとマッサージの予約の日がきて。
受けてきました。

2ヶ月あいた体はがちがちで。
体がマッサージの方に訴えていたそうです(笑)

これで、どっと体が軽くなっている!
と思えると良いのですが。
そうはうまくはいかなくて。
なんとなく楽になったという感じでした。

夜もマッサージ疲れでどん!とねれるかな?と思ったのですが。
いつもと同じで。
でも目覚めは良かったような気がします。

劇的な変化はなくちょっとずつちょっとずつ。
これが苦手なんですよね。
即効性をもとめてしまう。。。。

またちょっとずつ調整していこうと思います。

1年9ヶ月検診

3ヶ月ぶりの検診。
と言っても、薬をもらうだけなので。
ドキドキ感はありませんが。

1時間以上かかる病院はかなりおっくうで。
しかも、周りになにも楽しいところがなく。
あー。銀座とか築地とか楽しいところの近くにある病院がよかったなあー。
と、不届きな考えすら浮かばせながら。

告知されるときは、もう、なにもかんがえず。
ひたすら、通っていたのに。
2年以上たつとひどいものです。

病院に到着して受付をしたとたんに、呼び出しのベルが鳴りました。
あわてて、診察室へ。
一度も座ることなく、先生の前で座る。

今日は、重鎮の先生でした。
当番制なのですね。
でも、聞かれたことは
「お薬あまってませんか?」
でした。
体調は聞かれず、薬が余ってることを伝えると
いかにして薬を余らせないか、の説明を受け。
それだけで終わりました。。。。

病院到着から、診察終了まで5分かからなかった。。。。。

支払いが一番まって10分くらい。
薬も院外になりましたので。

15分くらいで終わった。

日本で一番乳がん患者の多い病院です。
こういうところでお医者さん使わないで。
薬もらうところだけは近隣の病院へってことはできないのでしょうか?
きっとみんな考えてるんでしょうけど。

でも、一応。
「せっかく1時間以上かけてきたのに、診察終わるまでに5分!なんかあっけないですよねー」

と、先生に言っときました。

いつか患者の意見として、役にたちますように。

本当にスイッチ入ってるみたいです

スイッチ3回目が入って。
1週間くらいたちます。
変わったことといえば。
台風の発生がわからなくなったこと。

これまで、台風が発生したというニュースの前に、わかってた。
夜中に調子悪いんですよね。心臓がちょっとどきどきする感じで。
なんか調子わるいなあと思いながら。
気圧のせいだと思うけど。
でも、台風いるって言ってないし。と思っていたら、
半日くらいたって、台風発生のニュースがでてる。

あーやっぱり。

と思いながら。でもなんの得もない(笑)

今回、沖縄に近づいているそうですが。
全然、感じません。

感じてるときは、めんどと思っていたけど。
なくなると、ちょっとさみしくもある。
つまりわがままなんですね。

あと、私、眠りにくい体質になっていたんですが。
結構よく眠れるようになりました。

寝るのにも体力がいるんですね。

小林麻央さんのプログ毎日見てるんですけど。
それに合わせて、海老蔵さんのプログも見てる。
麻央さんのいい意味での強さに共感してますが。
海老蔵さんのまめまめしい、身体作りに結構感動してます。
失礼ながら、ただの遊び人と思ってたんですけど。
そうでもない。
やっぱりただものではないですね。
あたりまえか
(笑)

スイッチ3回目

術後1年半を無事通過。

外から見れば、元通りです。
膝が痛かったりといろいろ副作用があるものの。
元気だし、よく食べるし。よくしゃべるし。
よかったねー。全快だねー。とよく言われます。

全快ということば。かなりひっかかりますけど。
合わせて、笑顔で答えてます。
そこで、説明するのも面倒ですから(笑)

ただ、私としてはまだ体力もどってないなと勝手に思ってます。
もちろん1年半前に比べれば雲泥の差でもどってますけどね。
まだまだ告知されたころの体力にはもどってない。
これは仕方がないのかなと思っていたのですけど。

この3日前。
友人と韓国語のレッスンのあとにランチをしました。
別に普通の会話をして、笑ってたんですけどね。
「あれ?」と思いました。
スイッチが入ったんです。

別に音がしたわけでもない。電気がつくわけでもないんです。
そとの風景が変わるわけでもないし。何にも変わらないんですけど。

でも、わかるんです。
はいった!って。

この病気になって、3度目です。

1度目は、手術がおわって2ヶ月ほどたったころ。
手術がおわればバラ色の人生と思っていたら。
全くちがって。
調子わるくて、寝転んでばかり。
こんなはずじゃない!と主治医にまで文句言ってました(笑)
先生も
「そんなにすぐはもどりませんよー」
と笑いながら言うのですが。私としては、予定外のことで。不満で不満で。
でも、調子が悪いので、ごろごろばかりしていたのです。

息子の合気道の発表会があって、渋々行ったのですが
(普通息子の発表会って、母親は無理をおしていくもんですが。合気道に限っては。。。合気道のおもしろさがいまだにわからなくて、見ていてもなんとも思わないのです!!!)

混み合っていて、見にくいけど楽な姿勢をとれる場所に陣取って、一人ぼーっと見ていました。
あー調子悪いと思いながら。
そしたら、やっぱりスイッチ入った。

それからかなり調子があがったんですよね。

2度目は、リンパ郭清した腕。
あがらなくて、というか、あげる練習が嫌で。。。。
病院でも怒られて、マッサージの先生にも怒られて。
これじゃあ、あがらなくなりますよー。とおどされて。

でも、練習いやだったんですよね。
なんでこんな痛いこと。
と、さぼってた。

そしたら、ある日。スイッチがはいった。
あっ。練習しても痛くないかも。と思った時でした。
で、それから、練習開始して。
痛くないから、結構スムーズに。
今は。マッサージの先生にほめられてます。
一番あがる方ですねえって。(自慢です!)
痛みに耐えて練習してたら、私の性格では、やらなかったと思います。
たぶん。

とまあ、3回スイッチ入ったわけですけど。

スイッチはいるたびにきゅん!と急上昇する自分がいます。
科学的には絶対解明されないことだろうと思いますが。
身体の声を聞くってこういうことかなと思います。

たぶん、下がる声もあるんだろうと思います。
それを聞き逃すから、病気になる。
データーとか、医師の診断よりも
身体の声を聞くほうが、結構あたってるんじゃないのかなと思う私です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。