にこ乳がん記録帖

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

皮が剥けてきました

放射線終了から2週間とちょっと
ラストケモから5ヶ月半
手術から4ヶ月半
ホルモン剤飲み始めから3カ月弱

梅雨寒が続きます。
季節のせいなのか、ホルモン剤のせいなのか、ケモのせいなのか知りませんが。
疲れやすいのは治りません。
でも、ほんの、ほんのちょっとずつ回復までの時間が短くなっているような気がします。
当初の予定では、ウォーキングをして身体を鍛えなくっちゃなどと思っていましたが、
あっさり延期させていただきました。
疲れては休んで、復活してを繰り返していたら、
段々良くなるんじゃないかと。
勝手に信じてます。

昨日お風呂で気がつきました。
手術痕のところから皮が剥けてるんです。

丁度日焼けで皮が剥けるのと同じ感じです。

私は日に焼けると赤〜くなって
ヒリヒリが続いて
皮が剥けて
焼ける前の皮膚に戻る

っていうのがいつものパターンだったのですけど。

今回も同じ。
放射線10回くらいから赤くなってきて
ヒリヒリしてて
放射線終わってからなんか皮膚が赤黒く汚くなって
で、昨日から剥けてきました。

痛みもないし。
でも、このまま進むと皮がボロボロと剥けて
汚い感じになりそう。

剥けそうなのは胸の周りで
鎖骨あたりは変化ありません。

これから夏本番。
赤い位ならいいかと思い、首回り広めの洋服着ていましたが
さすがにボロボロ剥けてる状態は流石の私も恥ずかしい。

暑そー。

スポンサーサイト

健康診断に行って来ました

放射線治療終了5日目
ラストケモから 5ヶ月
手術から    4ヶ月
ホルモン剤飲み始めて 2ヶ月ちょっと

ちょっと早いとは思ったのですけど、予約がとれてしまったので健康診断に行って来ました。

昨年の今頃、この健康診断で乳癌が見つかり。
診断会場で留め置かれて。。。。
そこから私の1年にわたる病院が良いが始まったのです。

今年も同じ場所。
検診専門施設です。
もう11年毎年通い続けています。

血液検査、子宮頸がん、大腸癌(検便)、尿検査、胃のX線、視力、心電図、体重、身長を検査してもらいます。

いつもは、これにマンモグラフィーや胸のX線が入るのですが。
これは、癌を治療している病院でやるので、今回はパス。

放射線治療の後に胸のX線をあてると、
肺が白くなっているそうです。
もちろん一時的なものらしいのですが、
放射線をあてたと知らない人が見ると
「異常だ!肺がんだ!」と大騒ぎになるとか。

放射線治療して数日たちますが、まだ疲れは残っていて、
検診もめんどう!と思いながら受けました。

治療終了してから数日ですので、まだマジックがきちんと取れてません。
(ごしごしこするなと言われてる)
内科の検診の先生が、聴診器をあてようとして
ぎょ!っとしている顔がおもしろかったです。

体重も減ったし。(がんばった!)
視力も見えてないのに、結構あたって近来まれにみる高視力になり(意味ないけど。。。ついつい)
ご機嫌で、婦人科へ。
内診の前に婦人科医師の診断がありました。

乳癌治療中でホルモン剤を飲んでいることは申告してあります。
先生「生理をとめるためにホルモン剤飲んでいらっしゃるのですね」

うーん。うーん。
どうしようかと思ったが一応。

「ホルモン剤では生理はとまりませんので。抗がん剤で生理がとまって、
もうすぐ1年になります。
年齢的にはそのまま閉経かとおもいますが、
生理が万が一始まれば止める注射を打つそうです」

同じ婦人科であっても、しかも検診専門であれば医師もよくわかってないのだと思います。
でもね、よくわかってない患者さんが聞いたら患者さん混乱しちゃうからね。
がんばれ、婦人科医師!

さて、最後にバリウムを飲む胃の検査
バリウムさえ飲めればあとは楽ちんと思っていたのですけど。
大変なことが待ってました!

「はーい。右を下にして3回回ってください!」
と技師さんかるーくおっしゃいます。
右の腕はリンパ郭清した腕です。
しかも放射線でまた動きにくくなってる。

結構痛いの。
すばやくできない。

すばやくできないとよくないのか。

「うーん。もう1回まわってみましょうか。」

と軽く言われ。。。。
また必死に回る。

やっとできたと思うと、
またしばらくして
「はい。右を下にしてまわって!」

と。言われ。必死。。。。

左を下にして回るのは簡単なのに。
1回しか言ってくれない。。。
(別に意地悪で言ってる訳ではないのはわかるけど、なぜか腹が立つ)

放射線が終わって、もう痛いのないとおもってたけど。。。
こんなところに待ってました。

8時45分受付で。
終わったのは10時過ぎ。

検診施設は橫浜の駅の近くなので、ちょっとショッピングと思ったのですが。
お店は11時からばかりで。
ちぇ!っと思いながら海をながめて帰ってきました。

施設の1階のロビーにソファーが並んでいます。
癌かもしれないと告げられた去年。
呆然としながら、そのソファーに座り、夫にメールして、
検診施設が勧めてくれた病院に電話して予約をとりました。
(結局、違う病院で検査したのですけど)
うそだよね。まさか。。。
と思いながら、メールをうつ、電話をしていた去年の今頃。

あれから、大変な1年がすぎて。
またもどってきました。
ショッピングはできなかったけど。
悲しい電話もメールもしなくていい。

これがシアワセなのですね。


放射線治療終了とまとめ

放射線治療も最終日 25日目です。

「最後ですね。お疲れ様でした」
と、色々なところで言われ。
ご機嫌な私。

感慨無量
というものはなく。

これで、毎日の通勤ラッシュから逃れられる

ということが嬉しくて。
(予約の時間が早すぎるんですよ。もう少し遅ければもっと楽して病院に来られたのにアホな私)

最後に診察がありました。
今日は女先生の方。

肌の具合は赤くなっていて、心配ですので。
しばらくリンデロンVを塗ってください。
2本処方します。
それが終わったら、ヒルドイドを塗ってください。
これはお顔にも塗ることができます。
これでかなり綺麗になると思います。

今後の生活について。
海、温泉、プール

海は、焼けるのが心配ですので、焼かないように。
水も心配ですけど砂の上からの照り返しが心配です。
水着の上に羽織り物をして。
その上にパーカーを着て丁度いいです。

先生、それじゃ、蒸し蒸しになっちゃう。。。。。。
今年は海は無理か。。。。

温泉、プールも7月くらい〔1ヶ月後)、肌の調子がよければ
問題ないです。

皮膚がまだ赤かったり、刺激に敏感だったら避けてください。

とのことでした。

治療中、10日目くらいからチクチク感が増えて、
ロコイドクリームを処方してもらって、ちょっとおさまって。

でも、またチクチク感が増えてきて、
本日25日目ですが。
皮膚はめくれることもなく、赤いだけです。

でも、治療後1週間後は結構ひどくなるとの話もあるので。
しばらく注意せねば。

ステロイドをぬり、それが終わったら、
ヒルドイド。

放射線治療で、白血球が下がります。
ただし、これは抗がん剤のときの下がり方と違い、
免疫が下がるわけでも、口内炎を起こすわけでもない
かるーい(医師談)下がり方だそうです。

と言われましたけど。
結構しんどかったです。
病院が遠いというのが一番の問題なのでしょうが。
それでも、月曜日が元気で、だんだんつかれが取れなくなってきて。。。。
金曜日はへろへろって感じ。
今週なんて、火曜日に息子と遊びに行ってるんで、
その日は元気でしたけど、
水曜からどーんと疲れがたまってました。

あと。
腕の上がり方が悪くなりました。
リハビリさぼっていたせい?とも思ったのですけど。
でも、確実にあがりにくくなってます。
生活上は問題ないですが。
治療のときにいたーいと思いながら、照射されてました。

しかし、
終わりです。

ホルモン剤は当然飲み続けますが。

それ以外は、フルコース終了。

西洋医療は終了です。

これから、どんな生活を送るか。
また報告しますね。

わーい。

だよね。大変なのよこの格好

放射線治療も21日目が終わりました。
あと4日です!
放射線って副作用もなく楽ちん!ってよく聞くので
かなり気を許していたんですが。

アホな私はそれをまともすぎるほど受け止めて。
気を許しすぎているようで。
「えーこんなの聞いてない!」
「疲れた!」
ってのが沢山ありました。

皮膚の具合も結構赤くなってて、
せっせとステロイド(ロコイド軟膏)塗ってください!と言われてます。

なんと言っても面倒なのが、
腕があがりにくくなっていること。
それでなくても、結構大変な体勢で照射されるのに。
回を増すごとにつらくなってます。

何度もいいわけするようですが。
手術後のリハビリ体操はやっているんですよ。
ちゃーんと。
乳腺外科の主治医にも褒められたほど(数少ない自慢です)
でも、放射線は違うリハビリが必要だったらしい。。。。。

早く言えよ。
と思いながらも、こんなに腕が動かないのは、私の体操が不足だったんだ。
と、謙虚に恥じらっていたのですけど。

ところが。。

先日入院中に一緒だった友達とばったり会って。

彼女は、3年ほど前にリンパ郭清しているのです。
で、いろいろあって。
胸骨と鎖骨の放射線治療受けることになったらしいのですけど。
つまり私と一緒のことをやる。

3年前に手術した彼女でさえ。。。
「あの体勢、すごくつらいんですけど。。。。」

と言ってる。
「にこさんなんて、手術直後でしょ。つらくない?」
と、やさしい彼女はいたわってくれる。

そこでようやくわかったのです。
リンパ郭清した人にとって、あの体勢ものすごくつらい。

なんだ。私だけじゃないんじゃないの!

ほっとしたのもありますが。
反対に、むっとしたこともあり。

放射線の人たちわかってなくない?

決してリハビリをさぼっていたわけでもない。
しかも3年もたって、腕は普通に動くひとでも
やっぱり大変。

健側の腕は問題なく動くんですよ。
この体勢も。

理学療法士さん!
働こうよ!

どうすれば楽になれるのか。
事前にどんなリハビリトレーニングが必要なのか。

ちょっと考えてくれないかなあ。

ホルモン剤、抗がん剤の副作用にしても。
薬剤師さん。ちゃんと働こうよ。

癌がどのくらい作用するのか。
それを考えるのはお医者さんでいいと思います。
それだけでもお医者さん一杯一杯だと思う。

でも、副作用をどれだけ防げるか。
治療を楽に受けられるように。
考える人も必要だと思う。

仕事はたくさんありますよ。

とはいえ。
放射線科で待っていると。
つらい症状の方々がたくさんいらっしゃいます。

そのなかで元気なのは
多分、乳癌の人たち。

そんなに元気なんだから
少々痛いのなんて我慢しなよ。
って声も聞こえてきそうだけど。

でもねえ。
ちょっとの工夫でかなり楽になると思うのよ。
それも、かなりの人数が助かると思うの。
だから。
がんばって、プロの方々。

放射線治療18日終了と術後3ヶ月診療

放射線も18日終了。

まだ5月というのに
暑い。

暑くなる前に放射線は終了すると思っていただけに、
本当に残念です。
クーラーが気持ちよく感じてしまう。

まだ、ウィグの中が蒸し蒸しにはなっていないけど。
暑いんだろうなあ。

今日は術後3ヶ月で主治医の診察もありました。
検査は血液検査だけ。
術後6ヶ月の時にエコーとX線検査、血液検査があるそうです。
(よって、術後6ヶ月の検診は検査の日と1週間後の主治医の診察があります。
1週間以上あけての2回の通院が必要なのです)

健側の胸の触診と、血液検査を見て。
問題なくスルーしました。

久しぶりの主治医との対面ですが。
これといってお話することもなく。。。。

まあ、聞いとくかということで、
ホルモン剤の副作用について聞きました。

動き出すときにおこる関節痛。
あと、よく動いたあとの就寝中の筋肉痛
(ロキソニンを1錠飲むと治ります)

その2点を説明すると。

先生はにっこりと。

「みなさん、同じことおっしゃるんですよねー」

と。共通の副作用みたいです。

「ストレッチとか軽い運動で楽になるというデーターも出てますので。
痛いから動かさないということではなく、動かしてみてくださいね。」

ということでした。
もちろん、動かしてますから。
このまま継続します。

就寝中の筋肉痛も、同じで。
ロキソニンで対処することで良いということでした。

次回の主治医の診察は3ヶ月後。
90日分のホルモン剤をもらい。
ロキソニンを30錠もらい
(60錠くださいと言ったけど、だめと言われた!)

予約受付で予約して帰ってくださいということでした。
言われた通り、予約受付に行くと
専門の予約の方がいらっしゃって。
てきぱきと処理してもらえます。
3ヶ月後は8月の末。
思いっきり、夏休みです。

夏休みが終わって、給食が始まるころに受診がいいなと思っていたのですが。
「薬が90日分でていますけど、それが切れる前にいらしてください」
とのこと。
えー。夏休みまっさかりじゃない!とおろおろしていると
「今、残っている薬の分もあわせると、もう少し先にのばせますよー」
と的確なアドバイス。

しかし、主治医の診察の曜日は週2回しかないし。
もう一杯になってる日もあって。

検査は夏休みの後半。
主治医の診察は、給食が始まる初日に入れてもらうことで解決しました。

これからしばらく3ヶ月の検診になるようですが。
そのうち6ヶ月になっていくのでしょう。
薬は3ヶ月の処方が上限です。
結局ホルモン剤を飲みつづける(5年と言われているが、多分10年)
3ヶ月に1回以上は病院に行くことになるのですね。

朝、9時15分に病院に到着して、
血液検査
放射線治療
主治医の診察
予約をとる。
薬をもらう

をやって、10時40分頃病院をでました。

スムーズです。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。