にこ乳がん記録帖

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手術の検査、日程決定、準備

ドセタキセル4回目(ケモ8回目)−22日目

しびれは、気にならなくなりました。
でも、ちょっと浮腫んでいるような。
体重の上昇もあるけれど(太っただけという意見もあるが)
足が気になります。
正座がしにくいので。
看護婦さんに聞いたところ、
「しびれは長くかかるけど、浮腫はなおっていきますから。」
とのことなので、ちょっと安心していますが。(本当だろうか。)

さて、抗がん剤がおわり、
手術の準備が着々と始まっています。

先週は、3回病院に行って、検査検査でした。

検査内容は。

1)エコー
乳房(両方)とリンパ(脇、首、胸)の癌の様子を観察

2)マンモ
乳房(両方)の癌の様子

3)MRI
乳房(両方)の癌の様子

4)手術の準備
・胸のレントゲン
・肺機能の検査
・心臓の機能のけんさ(負荷をかけて、心臓機能を見る検査)
・血液検査
・尿検査

結果としては。

1)癌は。
全滅はしていませんでした。残念!
ただし、リンパは当初4つあったものが、なくなっていました。
(でも、リンパ廓清は必要だそうです。)
乳房の癌は、形がぺちゃんtこになってました。
(初めはごつごつした○でした)
ぺちゃんこになった先に、ぼわーとした癌があるのですが、
それは大きさは変わらず。
しかし、MRIで見るとかなり薄くなっています。
処置前、FECの後、DOCの後と並べて比較してみると、
ぼわーっとした濃いものが、全体的に薄くなっていて、
効果がよくわかりました。
   
効果はあったけれど、広がりは変わっていない。 
だから
全摘ね
ということでした。
   
まあ、場所といい(乳頭の下に癌があったので)大きさといい、
全摘はまのがれないなあと覚悟していたので、
びっくりはしませんでしたが。

でも、次はびっくり。
 同時再建はしません。
ということでした。
もう、同時再建当たり前と思い込んでいたので。

病院の方針らしいのですが。
病理の結果が出てから、二次再建をするというのが、
メジャーらしいのです。
もちろん、同時再建をする患者さんも
いらっしゃるらしいのですけど。
非浸潤癌の患者さんばかりらしいのです。
   
じゃあ、二次再建はいつ?
「再発しやすい時期は1年から2年なんです。
それが過ぎてから、ということでおすすめしてます。」

再発ねえ。。。
一番考えたくないんですけど。。。。
   
まあ、再発したら、再建は一から出直しなんでしょうけれど。
手間ひま考えたら、それが一番効率的なんでしょうけど。

ちょっと、これは、ショックな発言。。。。

ということで、再建はしばらく無いようです。


2)手術の準備の検査
これは、すべてクリアしました。
不整脈が1カ所でていたそうですが、
健康な人でも1日に100回くらい不整脈が出るそうです。
だから、今回1カ所ででたのは「たまたま」なんだろうということで、
クリア。

血液検査で、肝臓の値は少し高いと出ました。
ただし、これはちょっと高い程度で、
手術には影響ないそうです。
(抗がん剤で上がったのはわかっているので、
手術までにはまた下がるだろうということで)

肺活量。。。。 
先生から「何か運動されていましたか?」と聞かれるほど。
肺活量が大きかったようです。
「3500って、女性としてはすごい値なんですよねえ。」と
感心されました。
体育はいつも3で。。。
運動会は、結構苦痛。
でも、水泳だけは好きで(といっても自己流で)
ちょこちょこ泳いでたけど。
なんでなんでしょう?


3)入院までに注意すること!
・病院でだされたもの以外の薬は飲まない。サプリメントもダメ!
手術に影響がでる可能性があるからだそうです。
もし服用しているものがあれば
申告してくださいとのことでした。
以前、サプリメントを飲んでいるのに
申告していなくて、入院してから申告して。
血液を固まりにくくする性質のあるものが
含まれていることが判明して、
手術中止となったそうです。
(身体から薬を抜いて、検査をし直して、
手術日ももう一回確保してということをやるので2ヶ月先になったとか)

・病気にかからない!(インフルエンザ、風邪、ノロウィルス、胃腸炎等)
これが一番大変なんですよねえ。
しかも、今は2月!
ちょっと収まってはいますけど、インフルエンザがはやっていますから。
息子は小学生。どこからかでももらって来ます。

「多いんです。入院直前にインフルエンザとか。すごいときは入院したら熱があって、検査したらインフルエンザとか。。。」   

もちろん、そんな時は、手術延期。。。。。
いやいやいや。
 
でも、家族みんなで家にこもっているわけにはいかないし。。。。
 
神に祈るしか。。。。。

     

ちなみに、手術は2月16日月曜日 午後
に決まりました。
(大文字にする必要もないけど。。
私にとっては大文字並みの大事なことなので)
前日入院なので、日曜に入院になります。

平日入院なら、麻酔医の説明が入院当日あるそうですが、
休日入院なので、入院前に一度通院が必要となりました。

4)入院前に用意すること   
ちなみに。パジャマは、レンタル
してほしいとのこと。(有料)
衛生上も是非とのことでした。

でも、タオルは持って来てって。
(これもレンタルにしてほしいのに。。。。)  
バスタオル2枚、普通のタオル3枚くらい必要とのことです。
(手術の時にバスタオルとタオルを1枚ずつ看護婦さんに提出します)

T字体と前開きのブラ。これは、入院してから、購入してくださいとのこと。
プラは、買う前にサイズが確かめられるそうです。

あと、プロ友さんにも教えていただき、病院でも言われたのが
「健康保険限度額適用認定証」
プロともさん、同時再建だったせいか
大部屋で入院されたにもかかわらず 
請求額が95万円!
これは、びっくりですよねえ。
限度額認定証を提出すると10万ちょっとになったそうですけれど。。。
カードで払えないってびっくりですよねえ。

で、私も申請しました。
夫にお願いしたのですが、3日くらいかかりました。
  
あとは、各自必要と思うものですけど。

看護婦さんに勧められたのが
のど飴です。
なんでも、手術のあと、全身麻酔からさめると
のどにいれてある管をとるそうです。
管のせいで、結構のどが痛くなるらしい。。。
で、そんな時にのど飴あると、すこーしだけ(看護婦さん談)楽になるから、よかったら。
ということでした。
まあ、これはわすれても、入院してから購入できますけどね。

ともかく、当日に向かって。。。
進まなくっちゃ。

ちょっと緊張してきました。
(手術がってことより、インフルエンザうつされないかってことが。。。)  

  
 

スポンサーサイト

ドセ 3回目、手術の準備がはじまりました

昨日はドセ3回目の投与でした。
ケモ7回目!
8回で終わりだから。。。。。
あとちょっと!

しかし、昨日はクリスマスイブ。
しかし、私は朝からケモのために朝早くからおでかけ。(病院にね)
朝早い予約にしていただいて、効率が良いのはありがたいのです。
しかし、今回は4時からの乳腺外科の医師の診察が入っていて(手術に向けての診察だと思います)
なんか、中途半端なのです。

9時半に乳腺内科の医師の診察があるので、
その診察は血液検査の結果を見ないと判断できないので、
検査結果は採血してから1時間はかかるので。
8時半には採血が終わらなければいけないのですけど。

4時の診察のこともあり、どうせ、待つんだからとちょっと出遅れてしまい。。。
(とは言っても家は7時15分にでましたけど)
病院に到着したのは8時10分。

採血は8時15分から始まるんですよね。
でも、その前から整理券が配られていて、すごい人数。
私は63番目。。。。。。
おそすぎた。。。。。

採血が終わったのは、8時50分くらいかなあ。。。。。

そうは言っても、10時に診察になりました。やっぱり早いのはいいですね。
診察は5分くらい。

白血球 4300(前回6100,前々回4900)
好中球 2770(前回4560、前々回3260)

前回はグランと打ったあとなので、当然白血球、好中球の値はあがっています。
今回はグラン打たないでの結果なので、低め。
投与には問題ないようですけど、
次回最後のケモは、下がらないようにがんばれ!(と自分の身体を励ます)

しかし、4時の診察は遅いなあ。。。。
と思い、ダメ元で、少し早くならないか聞いてみましたが。。。。
「手術の方は4時って決まってるんですよ!」
とけんもほろろに断られ。。。。。

はいはい。私が悪うございました。と
諦めて、診察室を後にしました。

診察が終わってから、抗がん剤のオーダーが入るので、
1時間以上待たなくてはいけません。
と思っていたら、
なぜか4時に予約の乳腺外科から呼び出しが。。。。。

不思議におもいながらも行くと、
久々にお目にかかる乳腺外科の女先生。
「キャンセルが入ったんで、早く呼んでしまいましたー。時間は効率的に使わなくっちゃ!」
と笑顔のお迎え。
なんだ、できるんじゃん!
いけない、いけない、不満よりも感謝を前面に出さなくっちゃ!
と、笑顔と感謝の言葉を連発し。。。。

そっちの方が、自分自身にとっても得だしね。

先生とはケモが始まる前の8月にお目にかかったきり。
相変わらず、元気な明るい先生です。
前向きに発言してくださるので、私は結構すき。
説明もとてもわかりやすい。
写真を見せながら、変化を教えてくださいます。
内科の先生。数値を口で並べるだけで、
これ、ついていかれない患者さんもいるんじゃないの?
と思っていただけに、外科の先生の説明はありがたい。

しかし、適当なところもあります。
「インフルエンザの注射って受けてはいけないんでしょうか?」
「いいですよー。でも免疫があがっての頃がよくって。」
「ということは、次回のケモの直前?」
「そこはあがってないかもしれないから、最後のケモのあとかなあ。」
「はーい」
「あ!だめ。そのときは手術の検査が入るから、やっぱだめ。インフルエンザかからないようにしましょう」

つまり、だめなのね。
かからないようにがんばります。

最後のケモが終わって、免疫が上がり始めたころ。
つまり、1月の最後の週は、手術のための検査が入るそうです。
検査結果がでたところで、医師の診察。
そこで、手術日が決まるとか。

手術の日取りは、2月の中旬くらいだそうです。

その後、検査の日取りと決めていただいて。
(3日もかかるんですよ。1日じゃ終わらないらしい。ただし、全部午前中で終わるみたいです)

先生の受診が2月3日。この日は家族(家の場合は夫)も参加します。

こんな話がでてくると、
もう、心はケモじゃなくて、手術になってきました。

ちなみに、今日はドセ3−2日目。
まだまだ元気です。
4日目の夕方から調子さがるんですよねえ。
がんばろ。あたし。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。