にこ乳がん記録帖

いまどきの体重計

ホルモン剤を飲んで2年半が過ぎました。
ホルモン剤飲むと太りやすくなるんですよね。

でも私はアリミデックスで。。
こっちは骨粗鬆症の危険はあるけど、太りやすくなるという副作用はないはず。

なのですけど。

最近太ってます。

3キロくらい。。。。

やばい。

閉経後はホルモンが出るところが変わるそうです。
脂肪からでるらしい。
よって、太ると脂肪が増えるってことなので。
再発の危険が高くなる。。。。

だから、太るのはいけないのです。

しかし。
太ってる。。。

食べなきゃいいんです。
でも。すぐ間食してしまう。。。。

で、なんとか対応策をと。

かなり変な話ですが。
体重計を変えてみました。

いままでの体重計はものすごく安くて。
針がびよよよんと動く昔のタイプ。
いまひとつ、正確な体重がわからないのです。

だから。今度はデジタル表示のにしよう!
と、これまた肥満に困っている夫と買いに出かけました。

体重計っていろいろあって。
値段もすごい。
1万円をゆうに超えるものから
2000円とか1000円台とか。

高いといろいろ機能がついています。

スマホと連携してグラフを描いてくれるとか。

そこまでいらないし。

初めはデジタル表示で小数点第一位がでればいい。と思っていた私たち。

色々みてるうちに、ちょっと気が変わって。

結局。決めたのが。
パナソニックの5000円くらいのもの。

肥満度とか必要カロリーとか、骨密度とかもいろいろ出してくれます。

しかも、スイッチオンオフがいらなくて。
乗れば勝手に体重をはかってくれて、他の値もだしてくれる。

何よりすごいのが。
家族それぞれのデーターを入れる(身長とか生年月日とか)と。
乗ったとたん、それがだれかを検知して(前回の体重とかを参考にしてだしているらしい)
勝手に記録して記憶もしてくれる。

なんて賢い!

人間はただ、はだしで(靴下はぬがないといけません)乗るだけで、いい。

ときどき、過去の値のところをのぞいてみると、前回の値と1週間、2週間前の値もだしてくれて。
体重がどんな変化をたどってきているのか。わかる。

すごい。。。。

あまりの賢さに。楽さにうれしくなって。
朝晩かなり頻繁に乗っています。

乗っているだけでは減らないけれど。
意識が変わって体重が減っていくらしい。。。

という噂を耳にしたので。。

がんばってみます。

しかし。今時の体重計。
すごい。人間を楽させるようにものすごい変わっている。。。。

スポンサーサイト

術後2年半検診とその後のこと

すっかりすっかり久しぶりになってしまいました。
2ヶ月近く空けてしまった。。。
その間、息子のテストやら、夏休みやら。
忙しいというよりもきぜわしく、なかなかプログを書く気持ちにならず。
いけないいけない。

やっと余裕がでてきたので。
書きます(笑)

ほんの2週間ほど前ですが。
2年半検診にいってきました。
2年半検診は、血液検査とマンモと超音波。
検査日から1週間以上あけて、担当医から結果報告があります。

いつものことながら、なんか嫌です。

再発って3年以内が一番多いらしいのです。
大丈夫だろうなあと思っていても、突然告知される可能性は十分ありますから。
これは体験しないとわからないものですよね。

その1ヶ月まえに、入院中一緒で、担当医も一緒だったお友達から、
「大丈夫だった!」という報告メールが来ていて。
私もそれに続きたい!と思いながら。どきどき。。。。

で、大丈夫でした。
しかも、今回は血液検査もオールクリア!
治療を始めるまでは、オールクリアが当たり前だったんですよね。
でも、治療はじめたら、どこかしらひっかかり。
まあ、ケモやってるんだから仕方ないか。と思っていたんだけど。
術後も続く H の文字。

それが、今回の2年半はすべてクリア。
担当の先生と二人で拍手をして。ご機嫌。

で、終わりかと思ったら、先生一枚の紙を持っていて、
「次回、3年の検診が終わると1年ごとの検診になります(今までは半年ごと)その間、薬をもらいにくるのは大変でしょうから、近所の病院でもらうようにしてください。この紙に書いてある病院でも、近所の病院でもどこでもいいですので。」

紙には東京、神奈川の病院名が50カ所くらい書いてありました。
乳腺外科というわけではなく、総合科のような病院もあり、とにかくいろいろです。
ここの病院に行く場合は紹介状を書いてくれるとのこと(近所の内科だと書いてくれないのかしら?)

薬は最大90日まで処方できます。それ以上だすことはかなりの理由が無い限り不可能です。
その薬をもらいにいままでは、手術した大きな大きな病院に行っていたのですが。
今後は、病院に来なくてもいいですよ。近所ですましてね。
1年に1回検査のときだけ来てください。
ということらしい。。。

患者としては楽です。
薬だけもらえばいいんですから。
病院も、ものすごく混んでますから、混雑緩和のためにはそれがいちばん。

はじめは、風邪引いたとか胃腸の調子が悪いときに時々いく内科にお願いしようと思っていました。
歩いて数分だし。これは便利とおもっていたのですが。

ちょっと考えてみると。
それでいいのか?私?
と思うようになり。

3年のあとは4年。そのあとは5年。
で、その先は多分、調子が悪くなりまで(つまり再発するまで)近所の乳腺外科で検診するように言われるんだと思います。
それは私がもう、再発の危険が低くなったから、っていうことなのかもしれないけど。
それはあくまで数字的なもの。
私は、なんたって、リンパ転移が5個以上あった人ですから。
再発の危険は高いんです。

早く見つければいいんだって話はないらしいですけど。再発は。
じゃあ、別に適当にすればっていう話では、無いと思うし。

なにより、ちゃらんぽらんな私が、ちゃらんぽらんなことやったら、何がなんだかわからなくなる。。。

と、色々考えて。
3年を無事通過した場合は、遠くない程度の乳腺外科で、きちんと診ていただく。
ということにしました。

色々調べると、個人の乳腺外科も色々あって、
術後のケアを目的に病院を開いているところもちらほら。

病院の説明を読んでいるうちに、こっちの方がいいなと思うようになりました。
いざというときは大病院ですけど。
それまでの間は、個人の病院で経過をみていただく。
もちろん、検診の腕が低ければ、だめですけど。
その腕が高ければ、大病院でぱっぱとみてもらうよりもいろんな意味で良いような気がするし。

ということで、次回先生と会うときは、個人病院に行く旨を報告しようと思います。

大病院から個人病院への連携。
日本人は、とかく大病院にいきたがりますが。
それはそれで、理由があります。

でも、私のように5年以上、10年は治療が必要な患者を大病院がずっとひきうけるのは大変で。
で、大病院が丁寧にケアしてくれるかっていうと、近年かなり????な感じがしているので。
(検診内容がものすごく減らされてるので。)
世の中がそうであるなら、そうで、次の手を考えるしかない。

でもなあ。
そういう説明がものすごく足りないんですよね。
手放すよ!と叫んで、あとは自分でがんばって!って感じで、1枚病院リストを渡しておしまいって。
なんか、ちょっとなあ。と思うんですよね。
リンパケアの時も、「浮腫に気をつけてくださいね!」って、冊子わたされて、おしまい。

検診を簡略化するのもわかるけど、それに対するケアが、全くない。
ちょっとこれ問題なんじゃないかなあ。。。





スイッチは自分から

術後2年半

明日から息子も夏休みに入ります。
告知された3年前の夏休みは。とにかく大変だったなあ。と思うのですが、
いまひとつ思い出せません。なんででしょう。


先週の土曜日は予定がたてこんでいました。
朝8時に家をでて、チェロをもってオーケストラの練習。
12時まで練習して。1時に帰宅。
それから息子の帰りを待ち、息子の友達親子とランチ。
しゃべります。食べます。
5時過ぎに解散して、夕食の食べ物(私はおなかいっぱいでしたが息子は夜食べるというので)を買って
帰宅。
7時からマンションの理事会で、またしゃべる。

終了は9時で。
帰ったら息子に遅めの夕食(5時頃まで食べ続けたんですから、食べれるのか不思議でしたが、ちゃんと食べてる)
で、1日終了。

この予定、事前にわかっていたので、どれかをカットしようと思っていました。
身体がもたないと思ったので。全部は無理と。。。。

一番断りやすいのは、オーケストラの練習ですが。
行きたいし。。。。

友達との約束を延期してもらう。。。
息子楽しみにしてるし。。。。

理事会は、
無理です。体調不良以外は休めません。
なんていったって自宅のマンションですし。。。

で、全部強行することにしました。

次の日は日曜日で予定がないから、ゆっくりできるし。と思って。

そしたら、オーケストラの練習に行ったら、
「明日このコンサートに出るんだけどよかったら」とチケットをいただいて。
まあ、前日に渡されたチケットですから、渡す方も期待はしていないのでしょうけど。
もらった人たちが、
「行こう!」とえらい乗り気で。
さすがに強行日程だと思って。
「まだわからないけど。。。。行けないかもしれないけど」
行けなくてもいいからという条件(?)でチケットいただき。。。。

で、土曜は予定通りの強行軍。

強行軍と言ってもね。
みんな座り作業ですし、遠いところに行ってるわけでもないので。
普通なら楽勝と思われるのでしょうが。

あんまり予定入れないようにして、大事に大事に過ごしてきた私としては
ものすごい強行スケジュールで。。。

大丈夫か私?

って感じで、とにかく土曜日の夜を迎えたのですが。

元気です。

ほんとに元気。
で、ばたんと寝て。
次の日は爽快。。。。。

ということで、誘われたコンサートも行き。

元気もらって、帰りはぐうぜん会った友達をお茶して。しゃべり。。。。

元気に帰ってきました。

予定をこなしていくなかで(こなすというすごいものではないですけど)
スイッチが入ったのがわかりました。

これ、何度か書いたのですが。
このスイッチが入ると、元気さがパワーアップするのです。

ここ1年くらいスイッチ入らなくて。

で、いままでのスイッチは、ぼーっと大事にすごしていたら、突然入るスイッチだったのですが。

今回のスイッチは

エンジンは自分でかけてたら、スイッチが入って回転数あがった。

って感じの+αのスイッチだったんです。

なるほど。。。。

大事に大事にくらしてる時間は終わった。

日頃からエンジンかけて、暮らすようにするように。
ちょっと忙しい生活のほうがもっとよくなるよー

って感じのお知らせのような気がします。

2年半もかかってるんだから、何を今更と言われそうですが。

私のペースでは、そろそろ大事に過ごす日は終わりかな。
と自覚しました。

もちろん、むちゃくちゃな生活はありえませんけど。
ちょっとがんばる生活もありなんじゃないかと。

ということで。

ペースあげていこうと思います。

ヨガをやってみました

毎日暑いですねえ。
梅雨はどこに行っちゃったのでしょうか?
九州の豪雨や東海の豪雨。
まんべんなく降ることはできないのかしら?と思いながら。
何もできなく。心で応援しているだけですが。。。。

さて、術後2年半がたちました。
体調はというと。まあまあというところでしょうか?
生来がなまけものなので、少し疲れるとごろんと寝転がる生活が続き。。。。
これは、がん治療の副作用なのか、それともなまけものなのか。。。
自問自答していますが。結果は出ず。

つかれたーと寝っ転がっても、復活するまでの時間はかなり早くなったような。
なんの統計もとってませんが。

ただ、朝すっきりして、今日も1日がんばろう!なんて日はほとんどというか全くないです。
夜 爆睡できないのもあるのですが。(睡眠不良ね)
痛いところもつらいところもないのですが。深い眠りは得られません。
これができたら、回復もはやいだろうなあ。と思いながら。
毎日をすごしています。
若いころのように、昼夜を問わず寝てみたい。。。。

さて、そんななか。
モーニングヨガというものをみつけました。
近くのスポーツセンターです。
我が家はこの春から息子が家を出るのが7時20分となりました。
前は8時でしたから、かなり早くなります。
しかもお弁当つき。。。。。

で、夫もそれにあわせて出社してくれて。
二人を近隣の駅まで車で乗せて行ってます。
で、今まではそのまま帰っていたのですが。

その近くで7時45分からヨガ教室をやるとか。
週1回ですけどね。
1時間で400円という値段で(当日受付ですので休んだらお金は払いません)
送ったついでにいいんじゃない?
しかも安いし。
ということで行ってきました。

ヨガって病気するまえもちょこちょこ行っていたのですけど。
病気してからはとんとご無沙汰していました。
理由はリンパ切除した腕を気にしてです。

腕上がらなかったし、体重かけるのはかなり不安だったし。
周りの方々と同じ動作ができない。
先生に説明するのも面倒だし。。。
じゃあ、いいや。

と思っていかなかったのですが。

最近、腕はもう普通にうごくし。(抵抗感はありますけど。外からは全くわからないと思います)
大丈夫じゃない?
ダメなら、当日受付だからやめればいいはなしだからって。。。。

行ってみました。
結果ですが。
全く問題なく。クラスに参加できました。

体の硬いおばあさん(もしかしたら手術なさったのかもしれませんが)よりはうごくし。
全く問題ない。
朝のクラスはハードなヨガではなく。
体をほぐす程度のヨガなので。
大変さ感がなくて。
ちょうどいい。

運動着のまま、行って帰って来ると9時すぎ。
なんかとても有効利用した感があり。
ご機嫌です。

もっとモーニングクラスがあればいいと思うのですけど。
もうひとつ太極拳があるだけ。
太極拳って、いろんな技(?)を覚えなくちゃいけないんですよねえ。
覚えるの苦手で。。。。
ちょっとなあ。

朝の有効活用ができたこと。
腕がもとにもどってきていること。

暑いなかもちょっとご機嫌なにこでした。

がんば

小林麻央さん。亡くなって。

マスコミの影響もあるのかもしれませんが。
第一報を聞いて、涙がでました。

母として、子どもを残して先立つ心を思うと
思っただけで涙がでました。
どれだけ心配だったろう。心残りだったろう。
自分が死ぬことより、残していく子どもたちの人生を考えるだけでどれだけ眠れなかったろう。

天国に行っても、心配で仕方がないのだろうなと思います。
ただ、身体的な痛みや苦しみはなくなるのかな?

それが母親なのかな。
いままでも一緒にがんばってたつもりだけど。
天国とこの世で、また一緒にがんばりましょう。真央さん。

でも、辛い日々。
お疲れ様でした。
心配でしょうけど。少しゆっくりやすんでくださいね。